ブロック塀にフェンスを後付けのリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

ブロック塀にフェンスを後付け!費用・メリット・デメリット、注意点まで徹底解説

最終更新日: 2024年6月18日
監修者: ビセンリフォーム (監修履歴)
ブロック塀にフェンスを後付け!費用・メリット・デメリット、注意点まで徹底解説

この記事からわかる事

ブロック塀にフェンスを後付けする費用相場
ブロック塀にフェンスを後付けするメリデリ

ブロック塀にフェンスを後付けのリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとにブロック塀にフェンスを後付けのリフォームの体験データが確認できます。

Q.ブロック塀にフェンスを後付けのリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『21〜40万円』 程度を予算として考えています。」

Q.ブロック塀にフェンスを後付けのリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
4.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
ブロック塀にフェンスを後付けの口コミに関するレビューはコチラ>> ブロック塀にフェンスを後付けについての専門家への質問はコチラ>>

ブロック塀にフェンスを後付けについて、最初に監修者の『ビセンリフォーム』からのコメント

「ブロック塀の上にフェンスを設置したいけど、後付けできるの?」 「費用はどれくらいかかるんだろう?」 この記事では、ブロック塀へのフェンス後付けについて、費用やメリット・デメリット、注意点まで詳しく解説します。
   

目次 開く

後付けフェンスの素材:特徴と費用を比較!

ブロック塀に後付けできるフェンスは、素材によって様々な特徴があります。それぞれの素材のメリット・デメリットを理解し、あなたのニーズに合ったものを選びましょう。

スチールメッシュフェンス:低価格で開放的な空間を演出

スチールメッシュフェンスは、最も安価な選択肢の一つです。シンプルなデザインで、開放的な空間を演出できます。つる性の植物を絡ませれば、グリーンフェンスとしても楽しめます。
費用目安1mあたり5,000円〜10,000円

アルミフェンス:軽量で耐久性に優れ、デザインも豊富!

アルミフェンスは、軽量で耐久性に優れており、錆びにくいというメリットがあります。デザインやカラーバリエーションも豊富で、モダンな住宅にもよく合います。
費用目安1mあたり8,000円~30,000円

天然木製フェンス:温かみのある自然な風合い

天然木製フェンスは、温かみのある自然な風合いが魅力です。経年変化による味わいの変化も楽しむことができます。しかし、定期的なメンテナンスが必要となる点には注意が必要です。
費用目安1mあたり30,000円〜40,000円

人工木・樹脂製フェンス:天然木の風合いを再現しつつ、メンテナンスの手間を軽減

人工木・樹脂製フェンスは、天然木の風合いを再現しつつ、耐久性や耐候性に優れているのが特徴です。腐食や色褪せに強く、メンテナンスの手間が少ないため、近年人気が高まっています。
費用目安1mあたり12,000円~35,000円

鋳物製フェンス:重厚感と高級感を演出

鋳物製フェンスは、重厚感と高級感を演出したい場合におすすめです。デザインの自由度も高く、洋風の住宅によく合います。ただし、他の素材と比べて高価な傾向があります。
費用目安1mあたり25,000円~30,000円

ブロック塀に後付けフェンス、費用はどれくらい?

ブロック塀にフェンスを後付けする場合の費用は、既存のブロック塀の状態やフェンスの種類、設置範囲などによって大きく異なります。

既存のブロック塀にフェンスを設置する場合

既存のブロック塀がしっかりとしている場合は、その上にフェンスを設置することができます。この場合、フェンス本体の費用に加えて、ブロック塀に穴を開ける「コア抜き」の費用がかかります。

費用目安

フェンス本体:1mあたり5,000円〜10,000円
コア抜き:1箇所あたり3,000円〜8,000円程度

新たにブロック塀を設置する場合

既存のブロック塀が老朽化している場合や、ブロック塀がない場合は、新たにブロック塀を設置する必要があります。この場合、基礎工事から行うため、費用は高くなります。

費用目安
基礎工事費:1㎡あたり15,000円〜25,000円程度
ブロック塀:別途費用

古いブロック塀を解体する場合

古いブロック塀を解体して、新たにブロック塀とフェンスを設置する場合は、さらに費用がかかります。

費用目安
解体・撤去費:1㎡あたり5,000円~10,000円程度
処分費:20,000円〜30,000円程度
ブロック塀にフェンスを後付けのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

後付けフェンス工事費用、業者によって違うのはなぜ?

同じフェンス、同じ設置範囲でも、業者によって費用が異なる場合があります。その理由は、以下の点が挙げられます。

中間マージンの有無

下請け業者に工事を依頼している場合は、中間マージンが発生し、費用が高くなる傾向があります。

業者の専門性

フェンス工事を得意とする業者であれば、効率的に施工できるため、費用を抑えられる可能性があります。

使用する材料

高品質な材料を使用する場合は、費用が高くなる傾向があります。

目隠しフェンスの形:4つのタイプとメリット・デメリット

目隠しフェンスには、大きく分けて4つの形があります。それぞれの形の特徴を理解し、設置場所や目的に合ったものを選びましょう。

完全目隠しタイプ:プライバシーを重視したい場合に最適

視線を完全に遮断したい場合は、完全目隠しタイプがおすすめです。しかし、通風性や採光性が悪くなる可能性がある点には注意が必要です。

半目隠しタイプ:プライバシーと開放感を両立

適度な目隠し効果がありつつ、風通しや採光も確保したい場合は、半目隠しタイプがおすすめです。デザインのバリエーションも豊富です。

ルーバータイプ:風通しを確保しつつ、高い目隠し効果

ルーバータイプは、細長い板を平行に並べた構造で、風通しを確保しながらも高い目隠し効果が期待できます。羽板の角度を調整できるタイプもあり、視線の遮り方を調整することも可能です。

目透かしタイプ:柔らかな光を取り入れたい場合に

半透明のパネルを使用することで、光を取り入れつつ、プライバシーも守ることができます。ただし、完全に視線を遮断することはできません。

ブロック塀に後付けフェンスを設置する際の注意点

高さ

目隠し効果と安全性を考慮し、フェンスの高さは180〜200cmが目安です。ブロック塀とフェンスの合計の高さが220cm以下という制限もあるため、注意が必要です。

設置場所

設置場所の環境(日当たり、風通し、周辺の景観など)を考慮し、適切な形のフェンスを選びましょう。

近隣への配慮

隣地境界線にフェンスを設置する場合は、事前に隣家に相談し、トラブルを防ぎましょう。風通しや日当たりへの影響、景観など、配慮が必要です。

ブロック塀にフェンスを後付けのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

ブロック塀にフェンスを後付け:よくある質問

Q

既存のブロック塀にフェンスは取り付けられますか?

A

はい、多くの場合取り付け可能です。ただし、ブロック塀の状態やフェンスの種類によっては、補強が必要になる場合があります。専門業者に相談し、現場の状況を正確に判断してもらうようにしましょう。

Q

どのような種類のフェンスを取り付けることができますか?

A

メッシュフェンス、アルミ製フェンス、木製フェンス、PVCフェンスなど、様々な種類のフェンスが取り付け可能です。ブロック塀のデザインや周辺環境、目的、予算に合わせて選ぶことができます。

Q

フェンスを取り付ける費用はどれくらいかかりますか?

A

フェンスの種類、長さ、高さ、設置方法、業者によって大きく異なります。おおよその目安としては、一般的なメッシュフェンスの場合、1メートルあたり1万円から2万円程度が相場となります。正確な費用を知るためには、複数の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

Q

自分でフェンスを取り付けることはできますか?

A

ある程度のDIY経験があれば、簡単なフェンスであれば自分で取り付けることも可能です。ただし、ブロック塀への穴あけや、フェンスの固定には、専門的な知識や技術が必要です。DIYで行う場合は、事前にしっかりと準備を行い、安全に注意して作業を進めましょう。不安な場合は、無理せず専門業者に依頼することをおすすめします。

Q

フェンスを取り付ける際に、許可は必要ですか?

A

フェンスの高さや設置場所によっては、建築基準法や条例による制限を受ける場合があります。特に、1メートルを超える高さのフェンスや、道路に面した場所に設置する場合は、事前に確認が必要です。また、隣地との境界近くに設置する場合には、トラブルを避けるため、事前に隣人への相談も必要です。

最後に:ブロック塀へのフェンス後付け、最適な業者選びが成功の鍵!

ブロック塀にフェンスを後付けすることで、プライバシー保護や防犯対策、景観向上など、様々な効果が期待できます。素材や形、設置場所などを気をつけて検討し、あなたのニーズに合ったフェンスを選びましょう。そして、信頼できる業者に依頼することで、費用を抑えつつ、安全で美しいフェンスを設置することができます。



フェンスが得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県
大分県