Q.ガレージとベランダの屋根、波板から違う素材に変えれる?

築30年の古い家で、ガレージとベランダの屋根が波板なんですけど、これって他の素材に変えられないですかね?
10年くらい前から、ガレージの屋根の波板が風で外れてしまって、毎回無理やり直してました。
4年前に台風で屋根が飛んでしまった時に、ガレージとベランダの波板も一緒に張り替えてもらったんですけど、その時にリフォーム会社に「波板じゃなくて、1枚ものの屋根にできないか?」って聞いたんです。
そしたら、「土台があるから難しいし、ちゃんと施工すれば飛ばないよ」って言われて、留め具もちょっと良いものにしてもらいました。
でも、2年前にまた留め具が外れてしまって、強風の日にはカタカタ音がするんです。
自分で直すのも大変だし、やっぱり次は違う素材に変えたいなぁと思って。
無理ですかね?

2023/05/03 03:06
by 匿名( 和歌山県)
関連
メディア
駐車場の波板屋根交換費用を徹底解説!安く済ませる方法も! 駐車場の波板屋根交換費用を徹底解説!安く済ませる方法も!
専門家からの回答
1
専門家が質問にお答えします。
簡単30秒!
会員登録済みの方はこちらからログイン
無料登録で全ての回答が見放題!
会員登録(無料)はこちら
A.

こんにちは。
リフォーム会社さんが、あなたの希望する屋根材を提案してくれないのは、何か理由があるのかもしれませんね。もしかしたら、家の構造的に難しい部分があるのかも知れません。
もし、どうしても波板以外の屋根材にしたい場合は、他の専門業者に相談してみるのも良いかもしれません。
一般的に、屋根材を変えるには、以下の手順を踏む必要があります。
建物の構造確認: まずは、家の構造が新しい屋根材に対応できるのか確認することが重要です。特に屋根の土台や支えとなる部分はしっかりと確認する必要があります。
適切な屋根材の選択: 波板以外の屋根材には、瓦、スレート、金属板、アスファルトシングルなど様々な種類があります。耐久性、防水性、風に対する強度などを考慮して、最適なものを選びましょう。
工事方法と費用の見積もり: 新しい屋根材の施工方法や費用は、屋根の形状やサイズ、作業の難易度によって大きく変わります。複数の業者に見積もりを依頼して比較検討することをお勧めします。
屋根の工事は専門知識と技術が必要なので、専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。 あなたの家の状況や希望を詳しく伝えて、最適な解決策を見つけてもらうようにしてください。わからないことがあれば、遠慮なく質問しましょう。

匿名さん
2023/05/03 10:09