3LDKの平屋ローコスト住宅の購入の経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









住宅を建築 してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

3LDKのローコスト住宅は平屋もおすすめ!賢く建てるための費用・間取りを解説!

最終更新日: 2024年6月26日
監修者: ハウミル編集部 (監修履歴)
3LDKのローコスト住宅は平屋もおすすめ!賢く建てるための費用・間取りを解説!

この記事からわかる事

3LDKのローコスト住宅の費用
ローコスト住宅のメリット・デメリット
アイデア事例

3LDKの平屋ローコスト住宅の購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに3LDKの平屋ローコスト住宅の購入者の体験データが確認できます。

Q.3LDKの平屋ローコスト住宅の価格はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『1501〜1700万円』程度を予算として考えています。」

Q.3LDKの平屋ローコスト住宅を購入してどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『購入して良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
5.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
3LDKの平屋ローコスト住宅の口コミに関するレビューはコチラ>> 3LDKの平屋ローコスト住宅についての専門家への質問はコチラ>>
「マイホームを建てたいけど、予算が気になる…」 「3LDKって、ローコスト住宅でも実現できるのかな?」 そんな疑問をお持ちのあなたへ。この記事では、3LDKのローコスト住宅を建てる際に知っておくべき、費用相場、間取りのポイント、そして賢いハウスメーカー選びのコツを紹介します。
   

3LDKのローコスト住宅:人気の理由

「3LDKって、どんな家庭に人気なの?」3LDKは、都市部の一戸建てに多く見られ、特に子育て中のファミリー世帯に人気の高い間取りです。LDK(リビングダイニングキッチン)のほかに居室が3つあるので、子どもに個室を与えられます。将来、子供が独立したとしても、趣味の部屋や書斎、客間などとして活用できます。
最近は、2階建てだけでなく、平屋も人気が高まっています。平屋は、階段がなく、ワンフロアで生活できるため、様々なメリットがあります。

3LDKの平屋:メリットとデメリット

メリット

バリアフリー: 階段がないので、小さなお子さんや高齢者も安心して生活できます。将来、車椅子が必要になった場合でも、スムーズに移動できます。

シンプルライフ: ワンフロアで生活できるため、移動が楽で、家事動線がシンプルになります。掃除や片付けも楽になり、快適な暮らしを実現できます。

家族のコミュニケーションがしやすい: 家族が同じフロアにいるため、顔を合わせやすく、コミュニケーションが活発になります。リビングでくつろいでいる時に、子供の様子がすぐにわかるのも、平屋のメリットです。

地震に強い: 建物の高さが低いので、地震に強い構造になります。地震が気になる地域に住む方にとって、安心できる住まいとなります。

メンテナンスがしやすい: 屋根や外壁などのメンテナンスも、高所作業が少なく、比較的容易です。定期的なメンテナンスがしやすいので、家を長く美しく保てます。

デメリット

土地が必要: 2階建てと比べて、広い土地が必要になります。土地の価格が高い地域では、平屋を建てることが難しい場合があります。

プライバシー: 周囲からの視線を遮りにくい場合があります。プライバシーを守るために、窓にブラインドやカーテンを取り付けたり、植栽を配置したりする必要があります。

日当たり: 周囲を建物に囲まれている場合、日当たりが悪くなる可能性があります。日当たりの良い場所にリビングを配置したり、窓の位置や大きさを工夫したりする必要があります。

費用: 2階建てと比べて、建築費用が高くなる傾向があります。基礎や屋根の面積が大きくなるため、費用が嵩みます。

3LDKのローコスト住宅:費用はどのくらい?

「ローコスト住宅って、どれくらい費用が安いんだろう?」ローコスト住宅は、一般的な注文住宅と比べて、価格が安いのが特徴です。では、具体的にどのくらい費用が抑えられるのでしょうか?

ローコスト住宅:費用相場をチェック!

ローコスト住宅の場合、坪単価は一般的に30万円から50万円が目安です。たとえば、坪単価が30万円で、延床面積が22坪(3LDKの平均)の場合、建物本体の工事費は約660万円と見積もられます。さらに、オプション費用や付帯工事費に約300万円、諸費用が約100万円かかると考えられます。これにより、総額は約1,060万円となりますが、実際の費用は地域や土地の価格、建物の構造や設備の仕様によって異なりますので、詳細な計画と見積もりが必要です。

3LDKの平屋ローコスト住宅の新築住宅が
\得意な優良会社を探す/
無料一括プラン請求
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

 ローコスト住宅:賢く建てるためのポイント

「ローコスト住宅でも、品質やデザインに妥協したくない!」ローコスト住宅を選ぶ際は、以下のポイントを意識しましょう。

標準仕様でシンプルに

メーカーの標準的な仕様・設備でプランを決めるのがポイントです。標準仕様で十分な機能があることが多いので、オプション費用を抑えられます。こだわりたい部分だけオプションで追加するなど、賢く選択しましょう。

コストダウンすべきでないポイントを押さえる

安全で快適な生活を送るためには、むやみにコストダウンを図るのではなく、削る部分と費用をかけるべき部分を見極める必要があります。

コストダウンすべきでないポイント

耐震性: 地震に強い家は、命を守るための重要な要因です。
断熱性: 快適な室温を保ち、冷暖房費を抑えられます。
気密性: 室内の温度や湿度を安定させ、快適な住環境を実現できます。
耐火性: 火災から家を守るための重要な要素です。
省エネ性: 光熱費を抑え、環境にも優しい家になります。
外構: 家の外観を美しくするだけでなく、防犯対策にも役立ちます。

ローコスト住宅専門

ローコスト住宅を得意とするハウスメーカーを選ぶことが重要です。ローコスト住宅専門のハウスメーカーや、ローコスト住宅のプランを多く取り扱っているハウスメーカーを選びましょう。

3LDKの間取り:家族構成別!理想の空間を実現する3つの間取りアイデアプラン

「3LDKって、どんな家族に合うの?」「3LDKの間取りって、どんなパターンがあるの?」3LDKは、3つの居室とLDKを組み合わせた間取りで、家族構成に合わせて様々な使い方ができます。ここでは、3LDKの間取りを、家族構成別に3つのパターンでご紹介します。

Case 1

夫婦+子ども1人の世帯:ワークスペースと家族時間を両立

夫婦の寝室、子供部屋、そしてテレワークや趣味を楽しむための多目的スペースを設けた間取りです。リビングと繋がるワークスペースは、家族と顔を合わせながら仕事や趣味に集中できます。リビングは、家族団らんの時間を過ごすための、明るく開放的な空間に。

延床面積約22坪(73㎡)
間取り夫婦寝室+子供部屋+ワークスペース・客間
建築費約1,800万円~ (土地代別)
期間約4ヶ月~
特徴仕事とプライベートを両立させながら、家族の時間も大切にできる間取りです。
Case 2

夫婦+子ども2人の世帯:成長を見据えた個室と将来のゆとり

夫婦の寝室、子供部屋2部屋、そして将来の家族の変化に対応できる、ゆとりある空間を設けた間取りです。子供部屋は、将来個室が必要になった場合に備えて、少し広めに設計しています。将来、子供たちが独立しても、趣味の部屋や書斎として活用できる空間です。

延床面積約22坪(73㎡)
間取り夫婦寝室+子供部屋×2
建築費約1,500万円~ (土地代別)
期間約5ヶ月~
特徴子供たちが成長しても、快適に過ごせる、ゆとりある間取りです。
Case 3

夫婦+子ども3人の世帯:工夫で実現!3LDKを最大限に活用

夫婦の寝室、子供部屋3部屋を確保した、コンパクトで機能的な間取りです。子供部屋は、年齢や性別を考慮して、最適な広さに設計します。リビングは、家族みんなが集まりやすい、開放的な空間に。

延床面積約22坪(73㎡)
間取り夫婦寝室+子供部屋×3
建築費約1,900万円~ (土地代別)
期間約6ヶ月~
特徴3LDKでも工夫次第で、3人のお子様がいる家庭でも快適に暮らせる間取りです。子供部屋を少し狭くして、LDKを広くとるなど、家族のライフスタイルに合わせて、間取りを調整できます。

3LDKの平屋:おしゃれな家を建てるためのポイント

「平屋って、おしゃれなデザインの家も建てられるの?」平屋は、シンプルな構造だからこそ、個性的なデザインの家を建てることができます。

L字型やコの字型で、採光とデザイン性を両立!

3LDKの場合、細長い形状の敷地を除くと、スタンダードなI字型の住宅では日当たりの悪い部屋ができやすいです。L字型やコの字型といった凹凸のある形状の建物にすることで、壁面に面する部分が増えるため、採光を確保しやすくなります。また、L字型やコの字型の形状は、スタイリッシュな外観をつくりやすいというメリットもあります。

中庭やウッドデッキで、緑と開放感をプラス!

平屋は外部の環境に触れやすいことが魅力の一つ。中庭やウッドデッキを設置すると、外部の空間を取り入れた生活を楽しむことができます。中庭にシンボルツリーを植えたり、ウッドデッキに家具を置いてセカンドリビングとして活用したりすると、より快適でおしゃれな空間になります。I字型でもリビングの前などにウッドデッキを設置することができますが、L字型やコの字型、ロの字型は中庭やウッドデッキを設けやすい間取りです。外部からの視線が気になる場合は、ルーバーなどの目隠しを設置しましょう。

勾配天井で開放感を演出!

平屋は小屋裏を利用して勾配天井にすることで、天井高を高くすることができます。開放的な空間になり、リビングやダイニングをさらに広く感じられます。勾配天井は、照明やインテリアの配置によって、様々な雰囲気を演出できます。大きな窓や、吹き抜けも取り入れやすく、開放的な空間になります。

3LDKの平屋ローコスト住宅の新築住宅が
\得意な優良会社を探す/
無料一括プラン請求
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

3LDKの間取り:快適に過ごすためのポイント

スムーズな動線: キッチンからリビングやダイニングへの動線がスムーズになるように設計しましょう。

家族のコミュニケーションを重視: リビング、ダイニング、キッチンを一体化させ、家族が集まりやすい空間を作りましょう。

充実した収納スペース: スッキリと片付けられるように、収納スペースを豊富に設けましょう。

将来を見据えた間取り: 子供の成長や家族構成の変化に対応できるよう、将来を考えた間取りを検討しましょう。

よくある質問

Q

ローコスト住宅は、品質が心配

A

ローコスト住宅だからといって、品質が低いわけではありません。近年では、ローコスト住宅でも、高品質な住宅を建てるハウスメーカーが増えています。ハウスメーカーの評判や口コミなどを参考に、品質を確認しましょう。実際に建てられた家の見学などもおすすめです。

Q

ローコスト住宅は、デザインがシンプルすぎる?

A

ローコスト住宅でも、様々なデザインの住宅を建てることができます。ハウスメーカーに、希望のデザインを伝えましょう。カタログやウェブサイトで、デザイン性の高いローコスト住宅を探してみましょう。

Q

ローコスト住宅は、オプション費用が高い?

A

ローコスト住宅では、標準仕様で、オプション費用を抑えられます。ただし、ハウスメーカーによっては、オプション費用が高くなる場合があります。見積もりを比較検討し、オプション費用が適切かどうか確認しましょう。

最後に

3LDKのローコスト住宅を建てることは、夢ではありません!この記事で紹介した内容を参考に、

費用相場を把握する
ローコスト住宅のメリット・デメリットを理解する
間取りのポイントを検討する
費用を抑えるための工夫を知る
信頼できるハウスメーカーを見つける

ことで、あなたも理想のローコスト住宅を実現しましょう!


ローコスト住宅が得意な新築住宅会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県