1,000万円以下のローコスト住宅の購入の経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









住宅を建築 してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

1,000万円以下で建てるローコスト住宅の選び方&賢くお得に建てるためのポイント

最終更新日: 2024年6月21日
監修者: ハウミル編集部 (監修履歴)
1,000万円以下で建てるローコスト住宅の選び方&賢くお得に建てるためのポイント

この記事からわかる事

ローコスト住宅の費用相場や、坪単価の計算方法
ローコスト住宅が実現できる理由や、ハウスメーカーの選び方
ローコスト住宅を建てる際の注意点や、失敗しないためのポイント

1,000万円以下のローコスト住宅の購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに1,000万円以下のローコスト住宅の購入者の体験データが確認できます。

Q.1,000万円以下のローコスト住宅の価格はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『900〜999万円』程度を予算として考えています。」

Q.1,000万円以下のローコスト住宅を購入してどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『購入して良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
5.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
1,000万円以下のローコスト住宅の口コミに関するレビューはコチラ>> 1,000万円以下のローコスト住宅についての専門家への質問はコチラ>>
「マイホームが欲しいけど、費用が心配…」 「1,000万円以下で、本当に家は建てられるの?」 そんな不安をお持ちのあなたへ。この記事では、1,000万円以下でローコスト住宅を建てるための方法を、豊富な情報と具体的な事例を交えながら解説していきます。
   

ローコスト住宅ってどんな家?

「ローコスト住宅って、どんなイメージ?」ローコスト住宅は、一般的な住宅よりも建設費用を抑えた住宅のこと。「安かろう悪かろう」のイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。ローコスト住宅は、無駄なコストを徹底的にカットすることで、低価格を実現しています。

ローコスト住宅の費用相場

坪単価約30万円~50万円

ローコスト住宅って、どんな特徴があるの?

シンプルなデザイン: 無駄な装飾を省き、機能性を重視したデザインが多いです。例えば、外観はシンプルな箱型、内装は白を基調としたシンプルなデザインなど、無駄を省いたデザインが特徴です。

規格型が多い: 間取りや外観が、あらかじめ決められていることが多いです。自由設計は難しいですが、標準仕様で、すでに設計図や耐震計算が済んでいるため、スムーズに建築を進められます。

設備は必要最低限: 高級な設備やオプションは、標準では含まれていないことが多いです。必要な機能は備えているので、安心して生活できます。

ローコスト住宅:1,000万円以下で建てるためのポイント

「1,000万円以下で建てるには、どんな点に注意すればいいの?」ローコスト住宅を1,000万円以下で建てるためには、いくつかのポイントを押さえましょう。

1,000万円以下で建てれる5つの戦略

利益を減らして集客: ローコスト住宅の会社は、利益率を低く設定することで、多くの人に家を建ててもらえるようにしています。低価格帯で住宅を提供することで、顧客満足度を高め、口コミで広がるように戦略を立てています。

作業の効率化: 効率的な施工方法を採用することで、人件費や工期を短縮できます。工場でのプレカットや、標準化された設計図などにより、現場での作業時間を短縮し、コスト削減につなげています。

費用の徹底削減: ローコスト住宅の会社は、広告費や人件費を抑えることで、費用を低く抑えています。テレビCMや雑誌広告などの費用をかけずに、インターネット広告などを活用することで、コストカットを実現しています。また、工場での事前製造や、シンプルな設計を採用することで、現場での作業時間を短縮し、人件費削減につなげています。

間取りやプランを絞る: 限られたプランの中から選ぶことで、設計費用や材料費を削減できます。規格型の住宅は、すでに設計図が完成しているので、設計費用が安く済みます。また、材料をまとめて仕入れることができるため、コストダウンに繋がります。

まとめて大量仕入れ: 大量購入することで、材料費を安く抑えることができます。ハウスメーカーは、材料をまとめて仕入れることで、コストダウンを実現しています。

ローコスト住宅を建てるなら、平屋がおすすめ!

費用を抑えられる: 同じ面積の住宅を建てる場合、平屋の方が2階建てよりも費用が安くなります。平屋は、2階建てと比べて、基礎工事や屋根工事の費用が抑えられます。また、階段や、2階部分の床材などの費用も削減できます。

光熱費を抑えられる: 平屋は、2階建てと比べて、断熱性が高く、冷暖房効率がよいため、光熱費を抑えられます。特に、冬は暖房費が節約できます。

メンテナンスがしやすい: 平屋は、2階建てと比べて、屋根や外壁のメンテナンスがしやすいです。高所作業が少なくなり、費用を抑えられます。

1,000万円以下のローコスト住宅の新築住宅が
\得意な優良会社を探す/
無料一括プラン請求
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

ローコスト住宅を1,000万円以下で建てるためのポイント

「1,000万円以下で建てるには、他にどんなポイントがあるの?」ローコスト住宅を賢く選ぶためのポイントをご紹介します。

ハウスメーカーは地域密着型で選ぶ

大手ハウスメーカーよりも、地域密着型のハウスメーカーや工務店の方が、費用が安い場合があります。広告費や人件費を抑えているため、ローコスト住宅を実現しやすい傾向があります。
地元の事情に精通しているので、土地探しや建築に関するアドバイスも受けられます。

予算オーバーを防ぐ

相談に行く前に、「最終的に1,000万円以下になるように」と、希望を伝えましょう。そうすることで、予算オーバーを防ぎ、希望に沿ったプランを提案してもらいやすくなります。

条件を決める

家族で話し合って、譲れない条件と、妥協できる条件を決めましょう。例えば、「キッチンは広くて使いやすいものにしたい」「リビングは広々とした空間で、家族みんながくつろげるようにしたい」など、具体的な要望を共有しましょう。優先順位を明確にすることで、無駄な費用を抑え、希望を実現しやすくなります。

都心部で土地を探さない

都心部よりも、郊外や田舎の土地は価格が安いです。土地の価格を抑えることで、住宅に費用をかけられます。ただし、生活環境や利便性などを考慮して、土地を選びましょう。

和風を避ける

和室や畳は、洋室と比べて費用が高くなる傾向があります。鴨居や障子、ふすまなどの建具は、材料費が高く、施工にも手間がかかります。洋風住宅にすることで、費用を抑えられます。

ローコスト住宅を建てる際の注意点

「ローコスト住宅って、何か注意点はあるの?」ローコスト住宅を建てる際には、注意しておきたい点がいくつかあります。

妥協ポイントを決める

ローコスト住宅では、設備や外観にこだわりすぎると、費用が大幅に上がってしまいます。事前に家族で話し合って、譲れないポイントと、妥協できるポイントを決めましょう。機能性とデザイン性を両立した、コストパフォーマンスの高い設備を選びましょう。

長期的な費用を見据える

ローコスト住宅は、初期費用が安い一方で、メンテナンス費用が高くなることがあります。耐久性の低い材料や工法が使われている場合、定期的なメンテナンスが必要になります。長期的な費用を見据えて、メンテナンスしやすい素材や工法を選ぶようにしましょう。

耐震・断熱性能が高い住宅を選ぶ

ローコスト住宅は、耐震等級2で設計されている場合が多いです。耐震等級は、地震に対する建物の強さを表す指標です。耐震等級3の方が、より地震に強い構造となっています。耐震性が気になる場合は、耐震等級3の住宅を検討してみましょう。断熱材の質や厚みにより、光熱費が大きく変わります。断熱材が薄い場合、冬は寒く、夏は暑くなり、光熱費がかかってしまう可能性があります。断熱性能が高い住宅を選ぶようにしましょう。

規格型住宅について事前にしっかりと確認

規格型住宅は、間取りや外観が、あらかじめ決められていることが多いです。自由設計は難しいですが、標準仕様で、すでに設計図や耐震計算が済んでいるため、スムーズに建築を進められます。選択肢が限られる場合があるので、事前にしっかりと確認しましょう。間取りや設備の変更は、追加費用が発生する場合があります。

ローコスト住宅を1,000万円以下で建てるのにおすすめのハウスメーカー5選

ここでは、ローコスト住宅を1,000万円以下で建てられるハウスメーカーを5つ紹介します。

ハウスメーカー特徴
アイフルホーム夢のマイホームを叶えるには、やっぱり価格が気になるもの。でも、品質も妥協したくないですよね。アイフルホームなら、独自のフランチャイズシステムと、大手設備メーカーとの直接契約により、全国どこでも、高品質な設備を、驚きの価格で実現できます。コストパフォーマンスの高さは業界トップクラス!低予算でも、満足のいく家づくりが叶うと評判です。
ユニバーサルホームユニバーサルホームは、長く安心して暮らせる住まいづくりにこだわっています。特に、床や外壁には、高品質で耐久性に優れた素材を採用。 初期費用を抑えながらも、ランニングコストも低く抑えられるため、トータルコストパフォーマンスに優れ、経済的な家づくりを実現できます。
アキュラホーム創業者が現場を知り尽くした元大工ということもあり、アキュラホームでは、建物の構造や素材選びから仕上げまで、妥協のない「本物の品質」にこだわっています。長年の経験と確かな技術で、人件費と材料費のバランスを最適化。無駄を徹底的に省きながら、お客様に「より良い品質の住まいを、よりリーズナブルな価格で」提供しています。
クレバリーホームクレバリーホームは、おしゃれで快適な暮らしを実現する、デザイン性と機能性を兼ね備えた住まいをご提供しています。傷つきにくく、汚れに強い素材を厳選し、長く美しく、快適な状態を保てるように工夫しました。だから、メンテナンス費用を抑え、購入後も安心して暮らせるんです。万が一のトラブルにも、充実したアフターサービスでしっかりサポートいたします。
富士住建関東エリアで「高品質×適正価格」の家づくりをおこなっている富士住建。大手設備メーカーとの年間契約による仕入れ価格の削減と、利益率を抑えた価格設定によって、お客様に「ハイクオリティな住まいを、よりリーズナブルな価格で」提供しています。
1,000万円以下のローコスト住宅の新築住宅が
\得意な優良会社を探す/
無料一括プラン請求
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

よくある質問

Q

ローコスト住宅でも、性能は大丈夫ですか?

A

ローコスト住宅は、決して性能が低いわけではありません。必要な機能は備えており、安心して生活できます。ただし、高級な設備やオプションは、標準では含まれていないことが多いので、事前に確認が必要です。

Q

ローコスト住宅は、地震に強いですか?

A

ローコスト住宅でも、耐震等級2で設計されている場合が多く、一般的な住宅と比較して、耐震性能は高いと言えるでしょう。ただし、耐震等級3の方が、より地震に強い構造となっています。

Q

ローコスト住宅は、自分で設計できますか?

A

ローコスト住宅は、規格型が多く、自由設計は難しい場合があります。ただし、ハウスメーカーによっては、ある程度の自由設計に対応している場合もあります。

最後に

ローコスト住宅は、賢く工夫すれば、1,000万円以下でも夢のマイホームを実現できます。この記事で紹介した内容を参考に、

費用相場を把握する
ローコスト住宅の特徴を理解する
費用を抑えるためのポイントを押さえる
信頼できるハウスメーカーを見つける

ことで、あなたも理想のローコスト住宅を手に入れましょう!


ローコスト住宅が得意な新築住宅会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県