目隠しフェンスのリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

目隠しフェンスの後付けの工事費込みの費用相場とメリット・デメリット、素材、アイデア事例を徹底解説

最終更新日: 2024年7月17日
監修者: ビズガーデニング (監修履歴)
目隠しフェンスの後付けの工事費込みの費用相場とメリット・デメリット、素材、アイデア事例を徹底解説

この記事からわかる事

目隠しフェンスの費用相場
素材の種類と違い
目隠しフェンスの選び方
アイデア事例

目隠しフェンスのリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに目隠しフェンスのリフォームの体験データが確認できます。

Q.目隠しフェンスのリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『51万円〜』 程度を予算として考えています。」

Q.目隠しフェンスのリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
3.3 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『4』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
目隠しフェンスの口コミに関するレビューはコチラ>> 目隠しフェンスについての専門家への質問はコチラ>>

目隠しフェンスについて、最初に監修者の『ビズガーデニング』からのコメント

家の周囲を囲い、プライバシーを守ったり、外部からの視線を遮ったりする目隠しフェンス。防犯対策や景観向上など、様々な目的で設置されます。しかし、いざ設置しようと思っても、種類や素材が多様で、費用も大きく異なるため、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。それらを解消できるよう、できるだけ分かりやすく解説します。
   

目隠しフェンスの後付けの費用相場【工事費込み】

外構の目隠しフェンスの費用は、工事費込みで1mあたり約15,000円~35,000円が相場です。

10mのフェンスなら、約20万円前後
20mのフェンスなら、約30万円~50万円

費用の内訳

フェンス本体価格: 1mあたり5,000円~60,000円
工事費: 1mあたり7,000円~30,000円
コア抜き工事: 5万円~10万円 (ブロック塀の上に後付けで設置する場合)

目隠しフェンス本体価格と施工費

目隠しフェンスには、メッシュフェンス、ルーバーフェンス、パネルフェンス、木製フェンスなど、様々なタイプがあります。それぞれの特徴と工事費込みの費用相場を見ていきましょう。

素材適した場所

メッシュフェンス

アルミ製、樹脂製、スチール製など庭、ベランダ、駐車場など

ルーバーフェンス

アルミ製、樹脂製、木製など庭、ベランダ、玄関周りなど

パネルフェンス

アルミ製、樹脂製、木製など庭、ベランダ、隣家との境界線など

木製フェンス

杉、ヒノキ、ハードウッドなど庭、玄関周りなど

メッシュフェンス:12,000円~45,000円程度/m

メッシュフェンスは、通気性が良く、視界を遮りながらも圧迫感を感じにくいのが特徴です。軽量で施工がしやすいので、DIYでも設置が可能です。例えば、隣家との境界に、高さ1.8m、長さ5mのメッシュフェンスを設置し、視線を遮りながらも風通しを確保するようにします。

ルーバーフェンス:15,000円~50,000円程度/m

ルーバーフェンスは、羽根状の板を組み合わせて作られたフェンスで、角度を変えることで光や風を調整できます。デザイン性が高く、モダンな雰囲気を演出できます。例えば、庭の目隠しとして、高さ1.5m、長さ3mのルーバーフェンスを設置し、角度を調整することで、日差しを遮りながらも風通しを確保するようにします。

パネルフェンス:17,000円~55,000円程度/m

パネルフェンスは、既製の板を組み合わせて作るフェンスで、施工が簡単です。様々なデザインや素材があり、和風、洋風など、様々な住宅に合わせることができます。例えば、玄関前に、高さ1.2m、長さ2mのパネルフェンスを設置し、目隠しと防犯対策を兼ね備えるようにします。

木製フェンス:22,000円~60,000円程度/m

木製フェンスは、自然素材ならではの温かみがあり、高級感があります。耐久性があり、長く使えるのも魅力です。ただし、メンテナンスが必要になる点は注意が必要です。例えば、庭の周りに、高さ1.8m、長さ10mの木製フェンスを設置し、木の温かみを活かした空間を演出するようにします。

目隠しフェンスのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

目隠しフェンスの費用の注意点

同じフェンスでも、業者や工事内容によって費用が大きく変わる可能性があります。それは、外構業者が、ブロック工事、造園工事、左官工事など、様々な専門分野の業者で構成されているためです。
そのため、「目隠しフェンスの工事が得意な業者」を選ぶことが、費用を抑え、満足のいく仕上がりを実現する上で非常に重要です。

費用を左右する3つの要素

目隠しフェンスの費用は、以下の3つの要素によって大きく変動します。

設置距離: 当然ながら、フェンスの長さが長くなるほど、材料費と工事費が増加します。

フェンスの素材: アルミ、木材、樹脂など、素材によって価格が異なります。

基礎工事の有無: 既存のブロック塀に設置する場合と、新たに基礎工事から行う場合では、費用が大きく異なります。

目隠しフェンスの見積もりを取る前に知っておきたいこと

業者に見積もりを依頼する前に、以下の点を把握しておくと、スムーズに話が進みます。

設置場所: フェンスを設置する場所の正確な寸法を測っておきましょう。

希望するフェンスの高さ: プライバシー保護、防犯対策など、目的に合わせて適切な高さを選びましょう。

フェンスの素材・デザイン: アルミ、木材、樹脂など、素材やデザインによって価格や耐久性が異なります。

予算: あらかじめ予算を設定しておくと、業者に希望を伝えやすくなります。

目隠しフェンスの費用を抑え、理想の仕上がりを実現するために

目隠しフェンスの工事を後悔しないためには、以下の3点が重要です。

複数社から見積もりを取り、比較検討する: 複数の業者に見積もりを依頼し、価格だけでなく、工事内容や保証なども比較しましょう。

自社施工業者に依頼する: 中間マージンが発生しないため、費用を抑えやすくなります。

フェンス工事が得意な業者に依頼する: 専門知識と技術を持つ業者に依頼することで、高品質な施工が期待できます。

目隠しフェンスの費用は、設置距離、素材、基礎工事の有無など、様々な要素によって変動します。複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、費用を抑えつつ、希望に合ったフェンスを設置することができます。信頼できる業者を見つけることが、満足のいく目隠しフェンスを実現する第一歩です。

素材別の特徴 – 耐久性やメンテナンス性もチェック

目隠しフェンスの素材には、アルミ、樹脂、木材などがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

アルミ製

錆びにくく、耐久性が高いのが特徴です。カラーバリエーションも豊富で、比較的リーズナブルな価格帯です。メンテナンスの手間も少なく、長期間美しさを保つことができます。

樹脂製

軽量で加工しやすく、カラーバリエーションも豊富です。しかし、強風に弱いなどのデメリットもあります。比較的安価で、色褪せしにくいのが特徴です。

木製

自然な風合いが魅力的で、高級感があります。しかし、定期的なメンテナンスが必要で、費用も高めです。木材の種類によっても耐久性が異なるため、適切なメンテナンスが必要です。

目隠しフェンスの選び方 – 設置場所や予算も考慮して

目隠しフェンスを選ぶ際は、以下のポイントを考慮しましょう。

目的と用途

視線を遮るのか、侵入を防ぐのか、デザイン性を重視するのかなど、目的に合わせてタイプを選びましょう。視線を完全に遮りたい場合はパネルフェンス、風通しを重視する場合はメッシュフェンスが適しています。

設置場所の環境

風通し、日当たり、隣家との距離などを考慮して、最適な素材やデザインを選びましょう。日当たりの良い場所には耐候性に優れた素材を選び、隣家との距離が近い場合は圧迫感のないデザインを選ぶと良いでしょう。

予算

フェンス本体だけでなく、工事費やその他の費用も考慮して、予算に合ったプランを検討しましょう。フェンスの高さや設置面積によっても費用は大きく変わるため、事前に見積もりを取ることが大切です。

メンテナンス

素材によってメンテナンスの頻度や方法が異なるため、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。メンテナンスの手間を省きたい場合はアルミ製が、自然な風合いを維持したい場合は木製が適しています。

目隠しフェンスのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

目隠しフェンスのメリット・デメリット – 設置前に知っておきたい

目隠しフェンスは、プライバシー保護や防犯対策など、多くのメリットをもたらす一方、考慮すべきデメリットも存在します。設置前に、メリット・デメリットをしっかり理解し、後悔のない選択をしましょう。

メリット

プライバシー保護: 外部からの視線を遮り、プライベートな空間を守ります。周囲を気にせず、庭でリラックスしたり、趣味を楽しんだりすることができます。

防犯対策: 敷地への侵入を防ぎ、防犯性を高めます。特に、人通りの少ない場所や、死角になりやすい場所への設置は効果的です。

景観向上: 住宅の外観を引き立て、美しい景観を創出します。素材やデザインによって、様々な雰囲気を演出することができます。

防風・防音効果: 風や騒音を軽減し、快適な住環境を実現します。風の強い地域や、交通量の多い道路沿いに住んでいる方におすすめです。

デメリット

費用: フェンスの設置には、ある程度の費用がかかります。素材やデザイン、設置範囲によって費用は大きく変わるため、予算に合わせて計画する必要があります。

圧迫感: 高さやデザインによっては、圧迫感が出てしまう場合があります。特に、狭い庭や、日当たりの悪い場所に設置する場合は注意が必要です。開放感を損なわないよう、素材やデザインを工夫したり、部分的にフェンスを設置するなどの対策を検討しましょう。

メンテナンス: 素材によっては、定期的なメンテナンスが必要になります。木材の場合は、塗装や防腐処理が必要となる場合もあります。メンテナンスの手間を考慮して、素材を選ぶことも重要です。

目隠しフェンスは、設置場所やデザイン、素材によって、メリットだけでなくデメリットも生じます。メリット・デメリットを比較検討し、あなたのニーズに合ったフェンスを選びましょう。

設置時の注意点 – トラブルを避けるために

目隠しフェンスを設置する際は、以下の点に注意しましょう。

法規制の確認

建築基準法や条例に抵触しないよう確認しましょう。高さや設置場所によっては、許可が必要な場合があります。

近隣への配慮

トラブルを避けるため、事前に近隣住民に相談しましょう。特に、視線を遮るタイプのフェンスを設置する場合は、配慮が必要です。

業者選び

経験豊富な業者を選び、見積もりを比較しましょう。信頼できる業者を選ぶことで、安心して設置工事を依頼できます。

目隠しフェンス設置:用途別リフォームアイデア事例

「どんな場所に目隠しフェンスを設置したら良いの?」用途別に、目隠しフェンス設置の具体的なアイデアをご紹介します。

Case 1

道路に面した敷地

道路に面した敷地は、通行人からの視線や、騒音などが気になる場合があります。目隠しフェンスを設置することで、プライバシーを保護し、防音対策もできます。

費用約10万円~ (フェンスの種類、長さ、高さによって異なります)
工期1~2日 (施工内容によって異なります)
特徴プライバシー保護と防犯対策を兼ね備えています。
Case 2

隣家との境界

隣家との境界線が曖昧な場合や、視線を遮りたい場合に、目隠しフェンスを設置すると有効です。隣家との距離が近い場合は、プライバシー保護のために、目隠しフェンスを設置しましょう。

費用約10万円~ (フェンスの種類、長さ、高さによって異なります)
工期1~2日 (施工内容によって異なります)
特徴隣家との境界線を明確にし、プライバシーを守ります。
Case 3

庭の囲い

庭を囲む目隠しフェンスは、防犯対策や、ペットの飛び出し防止にも役立ちます。デザイン性の高い目隠しフェンスは、庭の雰囲気をさらにアップさせます。

費用約10万円~ (フェンスの種類、長さ、高さによって異なります)
工期1~2日 (施工内容によって異なります)
特徴庭を安全に、そして美しく演出します。
目隠しフェンスのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

よくある質問

Q

目隠しフェンスの高さはどれくらいが良いですか?

A

目的や周辺環境によって異なりますが、一般的には1.8~2メートル程度の高さのフェンスが多く設置されています。

Q

目隠しフェンスの素材は何が良いですか?

A

耐久性やメンテナンス性、デザインなどを考慮して、アルミ製、樹脂製、木製などから選びましょう。

Q

目隠しフェンスの設置工事はどれくらい時間がかかりますか?

A

フェンスの種類や設置場所、施工方法などによって異なりますが、一般的には数日から数週間程度かかります。

目隠しフェンスについて、最後に監修者の『ビズガーデニング』からのコメント

目隠しフェンスは、プライバシー保護や防犯対策、そしてデザイン性も兼ね備えた、住まいを守るための重要なアイテムです。この記事で紹介した内容を参考に、

目隠しフェンスの種類と費用相場を把握する
用途やライフスタイルに合わせた目隠しフェンスを選ぶ
DIYの可否を検討する
信頼できる業者を見つける

ことで、安心安全で快適な住まいを実現しましょう!

 参考資料


フェンスが得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県