床下断熱のリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

床下断熱リフォームで、あったか快適な家を実現!費用や種類、補助金も解説

最終更新日: 2024年5月27日
監修者: ハウミル編集部 (監修履歴)
床下断熱リフォームで、あったか快適な家を実現!費用や種類、補助金も解説

この記事からわかる事

床下断熱リフォームの費用相場
床下断熱のメリットや、様々な断熱材の特徴
床下断熱リフォームの種類や、適切な施工方法
床下断熱リフォームで使える補助金制度
失敗しないための注意点

床下断熱のリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに床下断熱のリフォームの体験データが確認できます。

Q.床下断熱のリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『81〜100万円』程度を予算として考えています。」

Q.床下断熱のリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
5.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
床下断熱の口コミに関するレビューはコチラ>> 床下断熱についての専門家への質問はコチラ>>
「冬でも足元が冷えて、なかなか暖まらない…」 「暖房費が高くて困っている…」 「築年数が経って、隙間風が入ってくる…」 そんな悩みをお持ちのあなたへ。この記事では、床下断熱リフォームについて、費用や種類、効果、そして失敗しないためのポイントまで、わかりやすく解説します。
   

床下断熱リフォーム:あったか快適な暮らしを実現!

床下断熱リフォームは、床下から冷気が侵入するのを防ぎ、室内の温度を快適に保つためのリフォームです。

メリット

冬は暖かく、夏は涼しい: 床下からの冷気や熱気を遮断することで、室温が安定し、快適に過ごせます。冬の寒さが厳しい地域では、床下断熱リフォームを行うことで、足元が暖かくなり、暖房効率がアップします。夏の暑い日も、床下からの熱気が遮断されるので、涼しく過ごせます。

省エネ効果: 室温が安定することで、冷暖房の効率が向上し、光熱費を節約できます。電気代やガス代を節約できるだけでなく、地球環境にも優しい取り組みです。

結露防止: 床下断熱は、結露の発生を抑える効果もあります。結露はカビやダニの原因となるため、健康面にも良い影響を与えます。

快適な住空間: 床下断熱は、室内の温度を安定させ、快適な住空間を実現します。床が冷たく感じることがなくなるので、小さなお子さんや高齢の方にも安心です。

床下断熱リフォーム:費用相場をチェック!

「床下断熱リフォームって、一体どれくらい費用がかかるの?」床下断熱リフォームの費用は、施工面積や断熱材の種類、施工方法によって大きく異なります。

床下断熱リフォーム:費用相場

施工方法費用相場(20坪の場合)
床材を剥がして断熱材を設置する70万円〜110万円
床下から断熱材を設置する10万円〜30万円
床下から断熱材を吹き付ける30万円〜40万円

費用を抑えるためのポイント

「できるだけ費用を抑えたいけど、どうすればいいの?」床下断熱リフォームの費用を抑えるには、こんな方法があります。

断熱材の種類を見直す: 価格が安いグラスウールや、ポリスチレンフォームなどを選ぶことで、費用を抑えることができます。

施工方法を見直す: 床材を剥がす必要がない、床下からの施工方法を選ぶことで、費用を抑えることができます。

DIYに挑戦する: DIYで床下断熱に挑戦すれば、費用を大幅に抑えられます。

床下断熱のリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

床下断熱:断熱材の種類と特徴

床下断熱に使われる断熱材には、様々な種類があります。それぞれの特徴を理解して、最適な断熱材を選びましょう。

断熱材の種類:特徴と選び方を解説

断熱材の種類特徴メリットデメリット
グラスウールガラス繊維を綿状にした断熱材。価格が安い、環境負荷が少ない、安全性・耐久性が高い断熱性能が低い(誤った施工で結露が発生し、湿気を含んでへたりが発生した場合)
ロックウール玄武岩などを原料にした断熱材。耐火性・耐熱性・保湿性・吸音性が高い重量がある、引張・曲げ強度が弱い
セルロースファイバー古紙などを原料にした断熱材。耐火性・防音性が高い、環境負荷が少ないコストが高い、取り扱い業者が少ない
ウールブレス羊毛を原料にした断熱材。調湿効果が高い、安全性が高い、濡れても乾きが早いコストが高い、施工者による技術の差が大きい
押出法ポリスチレンフォーム (XPS)ポリスチレン樹脂を発泡させて作った断熱材。湿気に強い、重量が小さい、施工がしやすい時間経過による性能低下が大きい、耐熱性が低い、強度が低い、衝撃に弱い
ビーズ法ポリスチレンフォーム (EPS)ポリスチレン樹脂を発泡させて作った断熱材。湿気に強い、重量が小さい、施工がしやすい断熱性が低い、耐熱性が低い、耐久性が弱い
硬質ウレタンフォーム (PUF)ポリウレタン樹脂を吹き付ける断熱材。断熱性が高い、気密性が高い、強度が高い硬度が高い、施工性能が低い
フェノールフォーム (PF)フェノール樹脂を原料にした断熱材。劣化が遅い、耐薬品性が高い、耐熱性が高い、断熱性能が高い価格が高い、衝撃に弱い、吸水性・吸湿性が高い

床下断熱におすすめの断熱材

床下は湿気が多い場所なので、水に強い断熱材を選びましょう。

セルロースファイバー: 調湿効果が高く、結露を防ぎます。

ポリスチレンフォーム: 湿気に強く、扱いやすいので、DIYにも向いています。

ウレタンフォーム: 断熱性能が高く、気密性も高いので、効果的に床下を断熱できます。

床下断熱リフォーム:種類別の施工方法を理解しよう!

床下断熱リフォームには、主に3つの方法があります。

床下に断熱材を施工する方法

特徴: 既存の床下の骨組みの間に、ボード状やマット状の断熱材を敷き詰めます。

メリット: 工期が短く、費用を抑えられます。

デメリット: 隙間が空いてしまうと、断熱効果が低下する可能性があります。

床下から断熱材を吹き付ける方法

特徴: ウレタンフォームなどを吹き付けて施工します。

メリット: 隙間なく断熱材を充填でき、既存の断熱材の上から施工できます。

デメリット: 施工が難しく、対応している業者が少ない場合があります。

室内から床を剥がして断熱材を施工する方法

特徴: 既存の床材を剥がしてから、断熱材を施工します。

メリット: 床下で作業するよりも、仕上がりが綺麗になります。

デメリット: 工期が長く、費用が高くなります。

床下断熱リフォーム:補助金制度を活用しよう!

床下断熱リフォームには、国や自治体の補助金制度が利用できる場合があります。

「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」

補助金額: 補助対象経費の1/3以内、上限金額は戸建住宅で120万円、集合住宅で15万円です。

対象者: 戸建住宅の所有者または所有予定者、集合住宅の所有者または所有予定者、賃貸住宅の所有者

条件: 財団が定める要件を満たし、財団に登録されている製品であること、一定の性能値を満たすことなどがあります。

「こどもエコすまい支援事業」

補助金額: 最大9万2,000円

対象者: こどもエコすまい支援事業者と工事請負契約等を締結し、リフォーム工事をする方

条件: 一定の使用量以上の断熱材を利用する断熱改修を対象とするなど、いくつかの条件があります。

床下断熱のリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

床下断熱リフォーム:失敗しない業者選びのチェックポイント

床下断熱リフォームは、一度行えば長期間効果が期待できる反面、専門的な知識と技術が必要な工事です。そのため、信頼できる業者選びが成功の鍵を握ります。
以下では、床下断熱リフォームを依頼する際に、必ず確認しておきたいチェックポイントをご紹介します。

実績豊富な業者を選びましょう!

床下断熱リフォームは、正しい施工方法でないと、断熱効果が十分に得られないだけでなく、結露やカビが発生するリスクもあります。そのため、実績豊富で、床下断熱リフォームに精通した業者を選ぶことが大切です。

ポイント

ホームページで施工事例を確認: 業者のホームページで、床下断熱リフォームの施工事例を確認しましょう。どのような断熱材を使用しているのか、どのような施工方法を採用しているのかなどをチェックできます。

口コミや評判をチェック: インターネット上の口コミサイトや、リフォーム関連の口コミサイトなどで、業者の評判を調べましょう。実際にリフォームを依頼した人の声は、業者選びの参考になります。

複数社に見積もりを依頼して比較検討!

複数の業者に見積もりを依頼することで、費用や施工内容を比較検討できます。見積もりを比較する際は、以下の点に注目しましょう。

ポイント

断熱材の種類: どのような断熱材を使用するのか、それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。

施工方法: どのような施工方法を採用するのか、それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。

費用内訳: 見積書の内容が明確で、項目ごとの内訳が記載されているかを確認しましょう。

保証内容: 施工後の保証期間や内容を確認しましょう。

アフターサービスが充実しているか確認!

床下断熱リフォームは、一度施工したら、なかなか確認することができません。そのため、施工後のアフターサービスが充実している業者を選ぶことが重要です。

ポイント

保証期間: 施工後1年の保証は一般的ですが、より長い期間の保証を提供している業者もあります。

保証内容: 保証内容を確認し、万が一、不具合が発生した場合、どのように対応してくれるのかを事前に把握しておきましょう。

連絡体制: 何か問題が発生した場合、すぐに連絡が取れる業者を選びましょう。

安心できる担当者かどうかチェック!

信頼できる業者を選ぶためには、担当者の対応も重要なポイントです。

ポイント

説明: わかりやすく丁寧に説明してくれるかを確認しましょう。

質問: 疑問点を解消してくれるか、積極的に質問できる雰囲気かどうかを確認しましょう。

提案: お客様の要望を理解し、適切な提案をしてくれるかを確認しましょう。

よくある質問

Q

床下断熱リフォームは、どのくらいの期間で終わりますか?

A

リフォーム内容によって異なりますが、数日から数週間程度かかる場合が多いです。

Q

床下断熱リフォームは、自分でできますか?

A

簡単な断熱材の設置であれば、DIYで挑戦できます。しかし、複雑な施工が必要な場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

Q

床下断熱リフォームで、他に注意すべき点はありますか?

A

床下は、シロアリなどの害虫が発生しやすい場所です。リフォームの際には、シロアリ対策も検討しましょう。

最後に

床下断熱リフォームは、快適な住空間を実現するために有効な方法です。この記事で紹介した内容を参考に、

費用相場を把握する
断熱材の種類と特徴を理解する
施工方法を検討する
補助金制度を活用する
失敗しないための注意点を理解する
信頼できる業者を見つける

ことで、暖かく快適な住まいを実現しましょう!

 参考資料

フローリング・床が得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県
大分県
鹿児島県
沖縄県