リビングと和室の一体化のリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

リビングと和室を繋げて、もっと快適に!広々LDKリフォーム一体化の費用相場やレイアウトを大公開!

最終更新日: 2024年7月6日
監修者: ビセンリフォーム (監修履歴)
リビングと和室を繋げて、もっと快適に!広々LDKリフォーム一体化の費用相場やレイアウトを大公開!

この記事からわかる事

リフォームにかかる費用相場
リビングと和室を繋げるリフォームのメリット・デメリット
失敗しないためのポイントや、注意点

リビングと和室の一体化のリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとにリビングと和室の一体化のリフォームの体験データが確認できます。

Q.リビングと和室の一体化のリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『151万円〜』程度を予算として考えています。」

Q.リビングと和室の一体化のリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
5.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
リビングと和室の一体化の口コミに関するレビューはコチラ>> リビングと和室の一体化についての専門家への質問はコチラ>>

最初に監修者の『ビセンリフォーム』からのコメント

「リビングと隣接する和室、もったいないけど使い方が思いつかない…」 「せっかくリフォームするなら、リビングをもっと広くしたいなぁ…」 そんな悩みをお持ちのあなたへ。この記事では、リビングと和室を繋げて、広々としたLDKを実現するリフォームについて、費用やメリット・デメリットを紹介します。
   

目次 開く

リビングと和室を繋げるリフォーム:メリットとデメリット

「リビングと和室を繋げると、どんなメリットがあるの?」「デメリットもあるのかな?」リビングと和室を繋げるリフォームには、メリットとデメリットがあります。それぞれのポイントを理解して、ご自宅に合ったリフォームかどうか判断しましょう。

メリット

開放的なリビングを実現: リビングが広く、開放的になります。例えば、8畳のリビングに6畳の和室を繋げれば、14畳の広々としたリビングが実現します。圧迫感がなくなり、より快適に過ごせる空間になります。

リビングの用途が広がる: リビングのスペースが広がることで、様々な用途で活用できるようになります。大きなソファやダイニングテーブルを置いたり、趣味のスペースを作ったりできます。

採光が良くなる: 和室側に窓がある場合、リビングに光が入りやすくなり、明るくなります。特に、リビングが暗い場合、窓を増やすことで、より明るく開放的な空間になります。

掃除が楽になる: 床材を統一することで、掃除が楽になります。フローリングで統一すれば、掃除機やモップで、リビング全体を簡単に掃除できます。

和室のメンテナンスが不要になる: 畳の交換や、障子の張り替えなどのメンテナンスが不要になります。

デメリット

来客用の寝室がなくなる: 和室は、お客様が泊まる際に便利なスペースです。他の部屋をゲストルームとして使えるように、事前に検討しておきましょう。

畳のスペースがなくなる: 畳は、リラックスできる空間です。畳の良さを残したい場合は、和室の一部を畳スペースとして残すリフォームを検討しましょう。

子どもの遊び場がなくなる: 畳は、子どもの遊び場としても最適です。小さなお子様がいる場合は、遊び場が減ってしまうことを考慮しましょう。

和室とリビングを一体化するリフォーム:どんな方法があるの?

リビングと和室を一体化するには、いくつかの方法があります。

和室を完全に洋室化してLDK化にする

メリット: リビングを最大限に広げることができます。
デメリット: 畳が無くなるため、畳ならではの使い方ができなくなります。

例えば、畳の上に寝転がってくつろぐ、洗濯物を畳むスペースとして使う、など、畳ならではの使い方が好きだった方は、少し寂しい気持ちになるかもしれません。

間仕切りで和室を残す

メリット: リビングと和室を繋げながらも、個室として使えるので、使い勝手が広がります。
デメリット: 完全に一体化しないので、開放感が少し劣ります。

和室の雰囲気は残りますが、リビングとの一体感を出すためには、間仕切りのデザインや素材選びが重要になります。

小上がり和室で、リビングにアクセントをプラス!

メリット: リビングの空間を仕切りつつ、畳のスペースを残せるので、様々な用途で使えます。
デメリット: 床下に収納スペースが作れるメリットがある一方、施工費用が高くなる傾向があります。

小上がり和室は、リビングのアクセントとなり、おしゃれな空間になります。

リビングと和室の一体化のリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

和室とリビング一体化リフォーム:失敗しないための5つのポイントチェックリスト

「和室をリビングに繋げて、広々とした空間にしたいけど、失敗したらどうしよう…」そんな不安をお持ちのあなたへ。和室とリビングを一体化するリフォームを成功させるための5つのポイントをご紹介します。

畳はどうする?:用途と使い道を考えてみよう!

一体化後、畳はどのように使うか、事前にシミュレーションしましょう。畳をそのまま残す場合、畳のメンテナンスや、畳の雰囲気に合うインテリア選びを考慮する必要があります。畳を撤去する場合、フローリングやラグなど、どのような床材にするか決めましょう。畳の代わりにラグを敷いたり、アイロン台を置いたり、フローリング化しても、不便なく暮らせるか考えてみましょう。

家具の配置:広くなったリビングに合うかシミュレーション!

壁がなくなることで、家具の配置が大きく変わります。間取り図に家具を書き込んで、実際に配置してみましょう。テレビやソファ、収納家具など、主要な家具の配置を検討しましょう。家具のサイズや配置によって、リビングの広さや使い心地が大きく変わるので、慎重に検討しましょう。せっかくリビングが広くなっても、座る場所が少なくて、結局居場所がない…なんてことにならないように、家具の配置もシミュレーションしましょう。

家事動線:広くなったリビングでの家事をイメージしよう!

間取りが変わると、家事動線も変化します。キッチンからダイニングテーブルまでの距離が遠くなると、配膳が大変になるかもしれません。掃除の動線も考慮しましょう。新しい間取り図を見ながら、実際に家事をするシミュレーションを行い、無駄がないか確認しましょう。

日当たり:明るいリビングにするための工夫を!

和室を一体化すると、リビングの窓が増えて明るくなりますが、同時に、日差しが強くなる可能性も。特に南側・西側の和室を一体化する場合は、まぶしさや暑さ対策が必要です。日差しが強い窓には、ブラインドやロールカーテンを取り付けたり、遮熱性能の高い窓ガラスを選んだりするなどの工夫をしましょう。

収納力:収納場所を確保する計画を立てよう!

和室の押し入れは、貴重な収納スペースです。和室を一体化する際に、押し入れをなくす場合は、他の収納スペースを確保する必要があります。押し入れをクローゼットにリフォームしたり、リビングに収納スペースを設けたり、小上がり和室にして床下収納を作ったりするのも良いアイデアです。

リビングと和室を繋げるリフォーム:費用相場をチェック!

「リフォームって、どれくらい費用がかかるの?」リビングと和室を繋げるリフォーム費用は、工事内容によって大きく異なります。一般的な相場は、約80万円前後となります。

リビングと和室を繋げるリフォーム:費用相場

リフォーム内容費用相場
和室の床材交換約20万円〜
和室の天井・壁のクロス交換約35万円〜
押し入れの洋式化約15万円〜
間仕切りの設置約10万円〜
小上がり和室にする約50万円~ 
完全に洋室化にしてLDKに一体化約80万円前後

リビングと和室を繋げるリフォーム:費用を抑える方法

DIY: 簡単なリフォームであれば、DIYで費用を抑えられます。

補助金: 自治体によっては、リフォームに対して補助金制度があります。

業者選び: 複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することで、適正な価格で依頼できます。

和室とリビング一体化のレイアウト:リフォームアイデア事例集

「和室をリビングに繋げて、広々とした空間にしたいけど、どんな感じになるかイメージが湧かない…」そんな悩みをお持ちのあなたへ。和室とリビングを一体化するリフォームのアイデアを、具体的な事例を交えながらご紹介します。

Case 1

開放的なLDKを実現

リビング横の和室を、リビングと一体化して、広々としたLDK空間に。リビングと和室の仕切り壁を取り払い、開放的な空間を実現します。明るい光が差し込む、開放的なリビングダイニングキッチンが完成。

費用約50万円~100万円 (間取り変更や内装工事の規模によって変動します)
工期約1週間~2週間 (施工内容によって異なります)
特徴空間の広がりを感じることができ、家族のコミュニケーションも活発になります。
Case 2

和室の雰囲気を残したLDK

和室の畳を残し、リビングと一体化。畳をフローリングの上に敷いたり、おしゃれな畳に変えたりすることで、和室の雰囲気を残しつつ、リビングと調和のとれた空間を実現できます。

費用約30万円~ (畳の種類や施工方法によって変動します)
工期約3~5日 (施工内容によって異なります)
特徴和のテイストと洋テイストを融合させた、落ち着きのある空間になります。
Case 3

小上がり和室で多機能なリビングに

リビングの一部に、小上がり和室を設けることで、リビングの中に、くつろぎスペースや、子供の遊びスペースを作ることができます。小上がりの下は、収納スペースとしても活用できます。

費用約30万円~ (小上がりの規模や収納スペースの有無によって変動します)
工期約1週間~2週間 (施工内容によって異なります)
特徴リビングにアクセントを加え、機能性もアップします。
Case 4

間仕切りで用途別に空間を分ける

リビングと一体化させつつ、間仕切りを設置することで、用途別に空間を分けられます。ガラスやアコーディオンカーテンなど、様々な素材やデザインの間仕切りがあります。リビングの一角を、書斎やワークスペース、子供部屋として活用できます。

費用約5万円~ (間仕切りの種類や素材によって変動します)
工期約1~3日 (施工内容によって異なります)
特徴必要に応じて、空間を仕切ることができます。
Case 5

和室を洋室にリフォーム

畳をフローリングに張り替え、壁や天井も洋風にリフォームすることで、和室を洋室に変身させます。リビングと一体化させるだけでなく、個室として独立させることも可能です。

費用約10万円~ (施工内容や床材の種類によって変動します)
工期約1週間~2週間 (施工内容によって異なります)
特徴空間のイメージをガラリと変えられます。
リビングと和室の一体化のリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

リビングと和室を繋げるリフォーム:成功させるためのポイント

「せっかくリフォームするなら、失敗したくない!」リビングと和室を繋げるリフォームを成功させるためには、次のポイントを押さえましょう。

リフォーム後の間取りをイメージする

一体化した後のリビングの広さを考慮し、家具やインテリアの配置をシミュレーションしましょう。リビングの動線を考えて、使いやすい間取りにしましょう。

床材や壁材を統一する

リビングと和室の床材や壁材を統一することで、一体感を演出できます。リビングの雰囲気に合わせて、床材や壁材を選びましょう。

収納スペースを確保する

リビングと和室を繋げることで、収納スペースが減ってしまう可能性があります。収納スペースを増やす工夫をしましょう。例えば、和室の押入れをクローゼットにリフォームしたり、壁面収納を設置したりするのも良いでしょう。

採光と通風を考慮する

和室の窓を活用して、リビングに光を取り込みましょう。採光を確保するために、窓の位置や大きさを検討しましょう。通風を確保するためにも、窓の位置や配置を考えましょう。

エアコンの見直し

リビングと和室を一体化すると、広くなるため、エアコンの能力が不足する可能性があります。エアコンの能力を見直したり、追加でエアコンを設置したりする必要があるかもしれません。

間仕切りを設置する

和室の機能を残したい場合は、間仕切りを設置しましょう。リビングと和室を仕切ることで、プライバシーを確保できます。様々な素材やデザインの間仕切りがあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選びましょう。

賃貸住宅の場合

賃貸住宅の場合は、リフォームの可否を事前に大家さんと確認しましょう。リフォーム可能な場合でも、建材や素材が指定される場合があるので、事前に確認が必要です。

よくある質問

Q

リビングと和室を繋げるリフォームは、どのくらいの期間で終わりますか?

A

リフォームの内容によって異なりますが、1週間~2週間程度かかることが多いです。

Q

リビングと和室を繋げるリフォームは、DIYでもできますか?

A

簡単なリフォームであれば、DIYでも可能です。しかし、構造を改修したり、電気工事が必要な場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

Q

リビングと和室を繋げるリフォームで、補助金はもらえますか?

A

自治体によっては、住宅リフォームに対して補助金制度があります。

最後に監修者の『ビセンリフォーム』からのコメント

リビングと和室を繋げるリフォームは、空間を広げ、快適な生活空間を実現する効果があります。この記事で紹介した内容を参考に、

リビングと和室を繋げるメリット・デメリットを理解する
費用相場を把握する
リフォーム後の間取りや動線を考える
信頼できる業者を見つける
補助金制度の利用を検討する

ことで、あなたも理想のリビングを実現しましょう!


リビングが得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県