車1台分の土間コンクリートのリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

駐車場の土間コンクリート費用、車1台分でいくらかかるのか徹底解説!

最終更新日: 2024年7月2日
監修者: ビセンリフォーム (監修履歴)
駐車場の土間コンクリート費用、車1台分でいくらかかるのか徹底解説!

この記事からわかる事

車1台分の土間コンクリート費用相場
車1台分の土間コンクリートの注意点

車1台分の土間コンクリートのリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに車1台分の土間コンクリートのリフォームの体験データが確認できます。

Q.車1台分の土間コンクリートのリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『22〜23万円』程度を予算として考えています。」

Q.車1台分の土間コンクリートのリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
3.8 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
車1台分の土間コンクリートの口コミに関するレビューはコチラ>> 車1台分の土間コンクリートについての専門家への質問はコチラ>>

最初に監修者の『ビセンリフォーム』からのコメント

駐車場に土間コンクリートを敷きたいけど、費用がどれくらいかかるのか気になりますよね? この記事では、駐車場の土間コンクリート工事の費用について、車1台分の費用目安や、砂利からコンクリートにする場合の費用、そして費用を抑える賢い方法まで、わかりやすく解説していきます。
   

目次 開く

車1台分の土間コンクリート費用相場

結論から言うと、駐車場のコンクリート工事費用の目安は、 車1台あたり約17万円~20万円です。もちろん、敷地の状況や面積、土壌の状態、使用するコンクリートの種類などによって費用は変動します。より正確な費用を知るためには、複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することが大切です。

駐車場のコンクリート費用、面積ごとの内訳をチェック

コンクリート工事の費用は、面積が大きくなるほど割安になる傾向があります。これは、コンクリートの材料費や人件費など、面積に応じて変動する費用と、重機の回送料のように面積に関係なく固定でかかる費用があるためです。以下に、車1台分を間口3.0m×奥行6.0m=18㎡と仮定した場合の価格例をご紹介します。

台数費用相場
1台約17~20万円
2台約34~37万円
3台約52~54万円
4台約68~71万円
5台約85~88万円
6台約102~105万円

駐車場コンクリート費用を抑えるなら、コンクリート平板という選択肢も!

駐車場をコンクリートにする際、費用を抑えたいなら「コンクリート平板」という選択肢があります。
コンクリート平板とは、その名の通りコンクリート製の板状の素材。一般的な土間コンクリートのように、現場でコンクリートを流し込んで施工するのではなく、あらかじめ工場で成型されたコンクリート平板を敷き詰めていく方法です。

メリット

施工費用を抑えられる: 現場での成型作業が不要なため、施工期間が短縮され、人件費も抑えられます。

工期が短い: 土間コンクリートと比べて、施工が早く終わるのも大きなメリットです。

部分的な施工も可能: タイヤが乗る部分だけにコンクリート平板を敷き、その他の部分は砕石や芝生にするなど、柔軟な施工が可能です。

デメリット

下地の状態に注意: コンクリート平板を敷き詰める際、下地の状態が悪いと、平板が傾いたり、動いたりしてしまう可能性があります。施工前に、しっかりと地盤を固める必要があります。

コンクリート平板を選ぶ上での注意点

コンクリート平板は、費用を抑えられるというメリットがある一方で、下地処理を適切に行わないと、後々不具合が生じる可能性があります。「安かろう悪かろう」では意味がありません。信頼できる業者に依頼し、適切な施工を行うようにしましょう。

車1台分の土間コンクリートのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

土間コンの費用を抑えたい!駐車場のコンクリート工事費用を安くする方法

駐車場をコンクリートにしたいけど、費用が気になる…そんな方のために、賢く費用を抑える3つの方法をご紹介しましょう!

1. 信頼できる施工業者を探す

外構業者にも、様々なタイプがあります。造園や左官など得意分野も違えば、大企業から個人事業主まで規模も様々です。そんな中で、コンクリート工事の費用を少しでも抑えたいなら、コンクリート工事を得意とする「施工会社」に直接依頼するのがおすすめです。中間マージンが発生しないため、構造的に費用を抑えやすくなります。信頼できる施工会社を見つけるには、実績や口コミなどを参考にしたり、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討することが大切です。

2. 一括見積もりを利用する

これはどんな工事にも言えることですが、複数の業者に見積もりを依頼し、価格や内容を比較検討することが重要です。特に、駐車場のようなある程度の広さになると、業者によって金額差が大きくなることも。2〜3社程度から見積もりを取って、じっくり比較検討しましょう。見積もりを比較する際には、単に金額だけで判断するのではなく、以下の点にも注目しましょう。

内訳の詳細: どのような工事項目が含まれているのか、細かく確認しましょう。
使用材料: 品質のよいコンクリートやワイヤーメッシュを使用しているか確認しましょう。
保証: 工事後の保証内容もしっかり確認しましょう。

3. タイヤが乗る部分だけコンクリートにするのは、おすすめできない

費用を抑える方法として、「タイヤが乗る部分だけコンクリートにして、残りは砕石や芝生にする」という方法も考えられます。しかし、これはあまりおすすめできません。なぜなら、コンクリート部分とその他の部分で高低差が生じてしまい、ハンドル操作がしづらくなるからです。
「最初は部分的にコンクリートにしたけれど、使いにくくて結局全部コンクリートにすることになった…」というケースも少なくありません。後からやり直すとなると、当然ながら費用も余計にかかります。また、タイヤが乗る部分だけコンクリートにすることで期待できるコストカット効果も、それほど大きくはありません。総合的に考えると、最初から駐車場全体をコンクリートにする方が、使い勝手もよく、長い目で見てコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

駐車場コンクリート工事、DIYで費用を抑えることはできる?

「DIYで費用を抑えたい!」と考えている方もいるかもしれません。しかし、駐車場のコンクリート工事は、専門的な知識や技術が必要となるため、DIYはおすすめできません。

1. DIYで失敗しやすいポイント

水勾配: コンクリートの表面には、水はけをよくするために、2~3%程度の勾配をつける必要があります。素人がDIYで行うと、この勾配を正確に作ることが難しく、水たまりができやすい駐車場になってしまうことも。

ブリーディング: コンクリートを打設した直後、表面に水が浮いてくる現象を「ブリーディング」と言います。この水分が引いてから仕上げを行わないと、表面に弱い層ができてしまい、劣化を早めてしまいます。素人は、このタイミングを見極めるのが難しいでしょう。

重労働: 大量のコンクリートを運んだり、地面を掘削したり、残土を処分したりと、重労働が必要です。体力に自信がない方は、DIYは難しいでしょう。

2. 工事会社に依頼した場合とDIYした場合の費用比較

車1台分の駐車場をコンクリートにした場合、工事会社に依頼すると約17万円~20万円、DIYすると約13万円と、5万円前後の費用を抑えることができます。
しかし、DIYには失敗のリスクが伴います。もしもやり直しになったら、さらに費用がかかってしまうことも。専門業者に依頼した方が、結果的に安く済む可能性もあります。

駐車場をコンクリートにする際の注意点3つ

1. DIYはおすすめできない

DIYで土間コンクリートを施工する人はほとんどいません。理由は、素人が行うと失敗しやすく、その後の処理が大変だからです。前述したように、水勾配やブリーディングのタイミングを正確に見極める必要があり、専門知識がないと、平らで美しい仕上がりにするのは難しいでしょう。また、コンクリートを運んだり、地面を掘削したり、残土を処分したりと、重労働も伴います。

2. 工事完了日数を把握しておこう!

コンクリート工事は、雑草や木の根の撤去、掘削、残土処理、レベル確認、型枠設置、砕石敷き、転圧、ワイヤーメッシュ設置、コンクリート打設、表面仕上げ、型枠撤去…と、多くの工程が必要です。そのため、施工には丸1日~数日かかることもあります。さらに、コンクリートが固まるまで養生期間が必要となります。養生期間は季節や気候によって異なりますが、約1週間程度は歩くことや駐車することができません。

3. 定期的なメンテナンスが必要

コンクリート舗装は、雑草が生えにくいというメリットがありますが、経年によってタイヤ痕やカビ、コケ、油汚れなどで汚れてしまうことがあります。美しい状態を長く保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。軽度の汚れは、デッキブラシで水洗いすれば落とせます。落ちにくい汚れには、アルカリ性洗剤や重曹、高圧洗浄機などを使用してみましょう。油汚れには専用のクレンザー、カビにはカビ取り剤が効果的です。

車1台分の土間コンクリートのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

駐車場をコンクリートにする?メリット・デメリットを徹底比較!

駐車場の素材として人気のコンクリート。しかし、他の素材と比べて本当に良いのでしょうか?ここでは、駐車場をコンクリートにする場合のメリット・デメリットを、他の素材と比較しながら詳しく解説していきます。

駐車場をコンクリートにするメリット

コンクリートは、駐車場の素材として多くのメリットがあります。

メリット

圧倒的な耐久性: コンクリートは非常に強く、ひび割れにも強い素材です。 長期間にわたって安定して使用できるため、頻繁に補修する必要がなく、長い目で見て経済的です。

高い耐熱性: 夏場でも地面が過度に熱くなりにくいので、車内温度の上昇を抑えたり、裸足で歩いても安心です。

メンテナンスフリー: コンクリートは、基本的にメンテナンスフリーです。定期的な塗装や補修が必要な素材と比べて、手間と費用を抑えることができます。

車へのダメージが少ない: コンクリートの表面は平らなので、車やタイヤへの負担が少なく、車を大切に長く乗りたい方にもおすすめです。

駐車場をコンクリートにするデメリット

メリットの多いコンクリートですが、デメリットもいくつかあります。

デメリット

照り返し: コンクリートは太陽光を反射しやすく、夏場は照り返しによって周辺の温度が上がってしまうことがあります。住宅に近接している場合は、室温上昇に繋がってしまう可能性も。

汚れが目立ちやすい: コンクリートは、タイヤ痕や油汚れ、カビ、コケなどが目立ちやすい素材です。美しい景観を保つためには、定期的な清掃やメンテナンスが必要となります。

費用面での比較

駐車場の素材を選ぶ上で、費用は重要な要素です。代表的な素材の費用を比較してみましょう。

コンクリート: 車1台あたり約17万円~20万円
アスファルト: 車1台あたり約9万円~10万円
砂利・砕石: 車1台あたり約5万円~6万円

初期費用だけを見ると、コンクリートは最も高価な選択肢です。しかし、耐久性やメンテナンスの手間を考慮すると、長期的に見るとコンクリートが最も経済的な場合もあります。

コンクリートは、耐久性、耐熱性、メンテナンスのしやすさなど、駐車場の素材として多くのメリットがあります。初期費用は高めですが、長い目で見るとコストパフォーマンスに優れた選択肢と言えるでしょう。ただし、照り返しや汚れやすさなど、デメリットもあります。
最終的には、予算や駐車場の環境、そして重視するポイントを考慮して、最適な素材を選びましょう。

駐車場のコンクリート工事、失敗しない業者選びのポイント!

駐車場をコンクリートで舗装する場合、業者選びはとても重要です。なぜなら、コンクリート工事は専門性が高く、業者によって技術や知識、価格設定が大きく異なるからです。せっかく費用をかけてコンクリート舗装をしても、数年でひび割れてしまったり、水はけが悪くて水たまりができてしまったりしては意味がありません。そこで、今回は、駐車場のコンクリート工事を依頼する際に、失敗しないための業者選びのポイントを2つご紹介します。

1. 丁寧な説明をしてくれる業者を選ぼう!

信頼できる業者は、顧客とのコミュニケーションを大切にします。そのため、施工内容や費用、工期について、わかりやすく丁寧に説明してくれるでしょう。特に以下の点は、必ず確認しましょう。

施工の流れ: どのような手順で工事が進んでいくのか、具体的に説明してくれるか?
費用の内訳: 見積もりの内容は詳細で、不明な点がないか?
メリット・デメリット: メリットだけでなく、デメリットもしっかり説明してくれるか?
質問への対応: 疑問点や不安な点に対して、丁寧に答えてくれるか?

専門用語を並べて一方的に説明するのではなく、顧客の目線に立って、わかりやすい言葉で説明してくれる業者は信頼できます。

2. 明確な費用設定と提案力がある業者を選ぼう!

業者を選ぶ際には、費用設定が明確で、納得感のある提案をしてくれるかどうかも重要なポイントです。

詳細な見積書: 見積書は、工事内容と費用内訳が明確に記載されているか確認しましょう。「一式」という項目でまとめられている場合は、注意が必要です。
追加費用の可能性: 追加費用が発生する可能性がある場合は、事前にきちんと説明してくれるか確認しましょう。
複数社からの見積もり比較: 複数の業者から見積もりを取り、内容や価格を比較検討しましょう。
適切な提案: 顧客の予算や希望をヒアリングした上で、最適なプランを提案してくれる業者を選びましょう。

経験豊富な業者なら、予算や希望だけでなく、外構の雰囲気や求める機能性、駐車する台数など、様々な要素を考慮したプランを提案してくれます。”安さ”だけを基準に業者を選んでしまうと、後々後悔することになりかねません。価格だけでなく、丁寧な説明、明確な費用設定、そして顧客に寄り添った提案力がある業者を選びましょう。

駐車場のコンクリート1台分:よくある質問

Q

駐車場にコンクリートを打つといくらぐらいかかりますか?

A

費用は、駐車スペースの広さ、土壌の状態、使用するコンクリートの種類、地域、施工業者によって大きく異なります。
一般的な目安としては、1台分の駐車スペース(約3m x 5m)で、15万円から30万円程度かかることが多いです。
正確な費用を知るためには、複数の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

Q

コンクリート打設工事の期間はどれくらいですか?

A

駐車スペースの広さや形状、天候にもよりますが、一般的には1日から3日程度です。
土間コンクリート打設の場合、掘削、砕石敷き、ワイヤーメッシュ設置、コンクリート打設、養生などの工程があります。

Q

DIYでコンクリートを打つことはできますか?

A

ある程度のDIY経験があれば、小さなスペースであれば自分でコンクリートを打つことも可能です。
ただし、大きなスペースや、強度が求められる場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。
コンクリート打設は、専門的な知識や技術が必要となる作業です。
DIYで行う場合は、事前にしっかりと準備を行い、安全に注意して作業を進めましょう。

Q

コンクリート以外の選択肢はありますか?

A

コンクリート以外にも、アスファルト、インターロッキング、砂利敷きなど、様々な選択肢があります。
それぞれの素材によって費用、耐久性、メンテナンス方法などが異なるため、
駐車場の用途や予算に合わせて最適な素材を選びましょう。

Q

コンクリート打設後のメンテナンスは必要ですか?

A

コンクリートは、比較的メンテナンスが簡単な素材ですが、定期的な清掃や、ひび割れが発生した場合の補修が必要です。
適切なメンテナンスを行うことで、コンクリート駐車場の寿命を延ばすことができます。

車1台分の土間コンクリートのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

最後に|駐車場のコンクリート工事は、専門業者に依頼するのが安心!

この記事では、駐車場の土間コンクリート工事の費用について解説しました。

車1台分のコンクリート工事費用は、約17万円〜20万円が目安。
砂利からコンクリートにする場合は、砂利撤去費用も考慮する必要がある。
費用を抑えるには、施工会社に直接依頼したり、複数業者から見積もりを取ることが重要。
DIYは失敗のリスクが高いため、おすすめできない。

駐車場のコンクリート工事は、専門的な知識や技術が必要となるため、経験豊富な業者に依頼するのが安心です。
この記事を参考に、あなたにぴったりの駐車場作りを実現しましょう。


外構工事・エクステリアが得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県
大分県