雨漏り修理のリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

雨漏り修理は、費用と期間が気になる!原因別相場や業者選び、台風対策も解説

最終更新日: 2024年7月2日
監修者: 中村塗装 (監修履歴)
雨漏り修理は、費用と期間が気になる!原因別相場や業者選び、台風対策も解説

この記事からわかる事

雨漏りの原因別に、修理費用
雨漏り修理にかかる期間
雨漏り修理に役立つ火災保険の活用方法
失敗しない業者選びのポイント
台風シーズン前にできる雨漏り対策

雨漏り修理のリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに雨漏り修理のリフォームの体験データが確認できます。

Q.雨漏り修理のリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『21〜50万円』程度を予算として考えています。」

Q.雨漏り修理のリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
5.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
雨漏り修理の口コミに関するレビューはコチラ>> 雨漏り修理についての専門家への質問はコチラ>>

最初に監修者の『中村塗装』からのコメント

「天井にシミを発見…もしかして雨漏り?」 「修理費用はどれくらいかかるんだろう?」 そんな不安を抱えているあなたへ。この記事では、雨漏り修理の費用相場から、原因別の修理内容、そして失敗しない業者選びのポイントまで、わかりやすく解説します。
   

雨漏りの原因と修理費用相場と期間:場所別にチェック!

「雨漏りって、どこから水が入り込んでくるの?」「修理費用は、どれくらいかかるの?」雨漏りの原因は、屋根、外壁、窓、ベランダなど、様々な場所が考えられます。

雨漏り修理費用相場と期間:場所別

雨漏り箇所修理費用相場修理期間
屋根1~45万円1日~1週間
外壁5~50万円3日~1週間
天井(屋内)10~15万円3日~1週間
ベランダ3~25万円1~5日
窓枠・サッシ3~25万円1~3日
屋上20~100万円1~5日
雨漏り修理費用:具体的な例

屋根のコーキング補修: 5~20万円
瓦のズレの修理・差し替え: 1~5万円
外壁のコーキング補修: 5~10万円
窓のコーキング補修: 3~25万円

雨漏り修理:DIYは危険!プロに任せるのが安心!

「雨漏りって、自分で直せるのかな?」雨漏りは、原因が複雑で、専門的な知識や技術が必要となるため、DIYでの修理は危険です。

DIYで雨漏り修理を行うリスク

雨漏りが悪化する可能性: 適切な処置をしなければ、雨漏りが悪化して、被害が拡大する可能性があります。

思わぬケガをする可能性: 屋根や高所での作業は、転落などの危険が伴います。

電気工事: 雨漏りが原因で漏電している場合があり、感電する恐れがあります。

DIYでできる応急処置

ブルーシート: 雨漏りしている箇所に、ブルーシートをかぶせることで、一時的に雨水の侵入を防ぐことができます。

防水テープ: 防水テープを雨漏り箇所に貼ることで、一時的に雨水の侵入を防ぐことができます。

コーキング: コーキング材で、雨漏り箇所の隙間を埋めることができます。

板を貼る: 板を貼ることで、雨漏り箇所を補修できます。

DIYはあくまでも応急処置!

DIYでの修理は、あくまでも応急処置です。
根本的な原因を解決するには、専門業者に依頼することが大切です。

雨漏り修理はプロに依頼しよう!

専門業者に依頼すれば、適切な診断と修理を行うことができます。安心安全に、雨漏りを解決できます。

雨漏り修理のリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

雨漏り修理:火災保険で費用を補償してもらえる場合も!

「雨漏りって、火災保険で直せるの?」火災保険は、火災だけでなく、風災、雪災、雹災などの自然災害による損害も補償対象となる場合があります。

火災保険が適用されるケース

台風などの自然災害によって、屋根や外壁が損壊し、雨漏りが発生した場合。落雷によって、屋根や外壁が損壊し、雨漏りが発生した場合。

火災保険の申請は、早めに行いましょう!

保険の申請には、期限があります。雨漏り被害が発生したら、すぐに保険会社に連絡し、状況を説明しましょう。専門業者に調査を依頼し、保険会社に提出する書類を作成してもらいましょう。

雨漏り修理:様々なケースに対応!解決事例をご紹介

「雨漏りが止まらなくて困っているけど、どんな修理方法があるの?」雨漏りの原因は様々で、適切な修理方法も異なります。ここでは、よくある雨漏り修理の事例をご紹介します。

Case 1

シーリングによる雨漏り補修

出窓周りのシーリング材が劣化し、雨漏りが発生。劣化部分のシーリング材を撤去し、新しいシーリング材で補修しました。

費用3万円
工期1日
特徴シーリング材は、経年劣化によりひび割れなどが生じやすく、雨漏りの原因となることも。定期的な点検と補修が大切です。
Case 2

瓦屋根の雨漏り修理

台風の影響で瓦が割れてしまったため、新しい瓦に交換しました。

費用35万円
工期1日
特徴瓦屋根は耐久性が高いですが、強風や台風などの影響を受けやすいという側面も。定期的な点検が大切です。
Case 3

ベランダの雨漏り修理

ベランダの防水層が劣化し、雨漏りが発生。防水層を補修し、新たに防水加工を施しました。

費用15万円
工期1週間
特徴ベランダは、雨風や紫外線に直接さらされる場所なので、定期的なメンテナンスが必要です。
Case 4

屋根の葺き替え

築年数の経過による老朽化で雨漏りが発生。瓦屋根からガルバリウム鋼板屋根に葺き替えました。

費用60万円
工期5日
特徴耐久性が高く、軽量なガルバリウム鋼板は、屋根のリフォームにおすすめです。

雨漏り修理業者:賢く選んで、失敗を防ごう!

「どこの業者に頼めばいいか、わからない…」雨漏り修理は、専門知識と技術が必要なため、信頼できる業者選びが重要です。

雨漏り修理に強い業者を見つけるポイント

雨漏り診断士: 雨漏り診断士は、雨漏りの原因究明のプロです。雨漏り診断士が在籍している業者を選ぶと、安心です。

実績: 雨漏り修理の実績が豊富な業者を選びましょう。ホームページや口コミなどで、実績を確認しましょう。

対応力: 調査から修理まで、トータルで対応してくれる業者を選ぶと安心です。

見積もり: 複数の業者に見積もりを依頼し、内容を比較検討しましょう。見積書には、工事内容が詳細に記載されているか確認しましょう。不明な点は、遠慮なく業者に質問しましょう。

要注意!こんな業者は要注意!

訪問販売: 突然訪問してくる業者は、押し売りや高額な請求をする可能性があります。

チラシ: ポスティングされたチラシだけの情報で判断するのは危険です。

安すぎる価格: 安すぎる価格で、手抜き工事をする業者もいるので注意が必要です。

雨漏り修理のリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

雨漏り対策:台風シーズン前にできること!

「台風が来る前に、何か対策できることはあるの?」台風シーズン前に、雨漏り対策を行うことで、被害を最小限に抑えることができます。

雨漏りチェック!

屋根、外壁、窓、ベランダなどの状態をチェックしましょう。ヒビ割れ、剥がれ、隙間などがあれば、早めに修理を行いましょう。雨どいも、詰まっていないか確認しましょう。

排水溝の清掃

ベランダや屋上の排水溝に、ゴミが溜まっていると、水が流れにくくなり、雨漏りの原因となります。定期的に清掃を行い、排水溝をスムーズに流れるようにしましょう。

雨戸の確認

台風が来る前に、雨戸を閉めておきましょう。雨戸が壊れていたり、閉まらなかったりする場合は、修理が必要です。

雨漏り修理:よくある質問

Q

雨漏り修理って、どのくらいの頻度ですればいいの?

A

雨漏りは、放置すると、建物の劣化や、住む人の健康被害につながる可能性があります。雨漏りしている箇所を発見したら、できるだけ早急に修理することをおすすめします。定期的に、屋根や外壁などの状態をチェックし、劣化が見られる場合は、早めのメンテナンスを行いましょう。

Q

雨漏りの原因は、自分で特定できますか?

A

雨漏りの原因は、素人では特定するのが難しい場合が多いです。雨漏りを見つけたら、すぐに専門業者に相談しましょう。

Q

雨漏り修理の費用は、どのくらい?

A

雨漏り修理の費用は、原因箇所や被害の程度によって大きく異なります。まずは、専門業者に相談し、見積もりを依頼しましょう。

Q

雨漏り修理に、火災保険は使えるの?

A

火災保険は、風災、雪災、雹災などの自然災害による損害も補償対象となる場合があります。雨漏りが発生したら、すぐに保険会社に連絡し、状況を説明しましょう。

Q

雨漏り修理は、自分でできますか?

A

雨漏りの原因が複雑な場合や、高所での作業が必要な場合は、DIYでの修理は危険です。専門業者に依頼することをおすすめします。

 

最後に監修者の『中村塗装』からのコメント

雨漏りは、放置すると、建物の劣化や、住む人の健康被害につながる可能性があります。この記事で紹介した内容を参考に、

雨漏りの原因と費用相場を把握する
雨漏り修理の必要性を理解する
DIYではなく、専門業者に依頼することの重要性を理解する
火災保険の活用を検討する
信頼できる業者を見つける
台風シーズン前に、雨漏り対策を行う

ことで、快適で安全な住まいを実現しましょう。


北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
関西エリア
中国・四国エリア
九州・沖縄エリア
雨漏り修理のリフォームを激安・格安でするには?
雨漏り修理のリフォームを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。

雨漏り修理のリフォームを依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。
相見積もりとは?
相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

雨漏り修理のリフォームを安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが難しく最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用しましょう。
一括見積もり無料サービスで安く雨漏り修理のリフォームをできる優良業者を探す!
一括見積もり無料サービスとは、雨漏り修理のリフォームを得意としている優良会社の見積もりを複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

Check!
  1. 小さな修理工事から一括見積り依頼が無料でできる!
  2. 各会社にお断りの連絡は自分でしなくていい!
  3. 見積もり金額や会社が気に入らなければ『全キャンセル』も無料で可能!
  4. メールで全て完結してお悩みは解決!
  5. 相場より費用を1割以上抑えることができる!
  6. 自分で探さなくても各県の優良会社と見積りが簡単に手に入る!
  7. 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
  8. 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
  9. 厳しく審査された'優良リフォーム会社'やメーカー・工務店のみの見積もりが請求できる!
  10. 具体的に決まっていない場合は『相談だけ』でもOK!もちろん完全無料!
  11. 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!
5分に1人が依頼!
3分でスグに申込み完了!
具体的に決まっていなくても、まずはお気軽にご相談ください。
※リフォらんは、ハウミル運営元です。





Breaking News

無料新規会員登録募集中

残り枠242