「平屋」か「 2階建て」の購入の経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









住宅を建築 してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

平屋 vs 2階建てコストはどっちが高い?夢のマイホームを建てるための徹底比較ガイド

最終更新日: 2024年6月28日
監修者: ハウミル編集部 (監修履歴)
平屋 vs 2階建てコストはどっちが高い?夢のマイホームを建てるための徹底比較ガイド

この記事からわかる事

平屋と2階建ての建築費用、土地の広さ、暮らしやすさ、家事のしやすさ、税金や維持費といった、様々な面での違い
それぞれのメリット・デメリットを比較検討
平屋と2階建て、どちらを選ぶか迷ったときに、何を基準に判断すればいいのか、具体的な例を交えて解説

「平屋」か「 2階建て」の購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに「平屋」か「 2階建て」の購入者の体験データが確認できます。

Q.「平屋」か「 2階建て」の価格はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『3001万円〜』 程度を予算として考えています。」

Q.「平屋」か「 2階建て」を購入してどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『購入して良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
5.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
「平屋」か「 2階建て」の口コミに関するレビューはコチラ>> 「平屋」か「 2階建て」についての専門家への質問はコチラ>>
「家を建てるなら平屋?それとも2階建て?」 憧れのマイホーム。でも、平屋と2階建て、どちらにするか迷っている人も多いのではないでしょうか? この記事では、平屋と2階建てを比較検討する際に知っておきたいポイントを、わかりやすく解説します。
   

夢のマイホーム実現!平屋と2階建ての費用を徹底比較

「家を建てるなら、費用が気になる…。」まずは、平屋と2階建ての建築費用について比較してみましょう。

平屋と2階建ての建築費用:どっちが高くつくの?

一般的に、同じ広さの住宅を建てる場合、平屋のほうが2階建てよりも高くなる傾向があります。

平屋: 基礎や屋根の面積が広く、2階建てよりも建築費用が高くなります。

 

2階建て: 平屋よりも建築費用が安く済むことが多いですが、階段やホールのスペースが必要になります。

費用を左右するポイント

構造: 木造、鉄骨造、RC造など、構造によって費用は大きく変わります。

間取り: 部屋数や広さ、内装の仕様によっても費用は変動します。

設備: キッチン、浴室、トイレなどの設備のグレードによっても費用が変わります。

土地: 土地の価格や広さは、建築費用に大きく影響します。

費用を抑えるためのヒント

シンプルな構造: 無駄な装飾を省き、シンプルな構造にすることで、建築費用を抑えられます。

標準仕様: 設備や建材は、標準仕様のものを中心に選ぶことで、コストを抑えられます。

土地探し: 建築費用の安い土地を探しましょう。

相見積もり: 複数の住宅メーカーに見積もりを依頼し、比較検討しましょう。

土地事情も考慮!平屋と2階建てに必要な土地の広さ

「土地の広さって、平屋と2階建てでどれくらい違うの?」同じ延床面積で平屋と2階建てを建てると仮定した場合、平屋のほうが広い土地が必要になります。

土地と建物の関係: 建ぺい率と容積率

建ぺい率: 敷地面積に対する建築面積の割合です。建ぺい率が50%の場合、敷地面積100㎡に対して、建築面積は50㎡までとなります。

容積率: 敷地面積に対する延べ床面積の割合です。容積率が100%の場合、敷地面積100㎡に対して、延べ床面積は100㎡までとなります。

平屋と2階建てに必要な土地の広さ:具体例

: 用途地域が「建ぺい率50%・容積率100%」で、特別な制限がない土地の場合

平屋:延床面積120m2の家を建てるには、240m2の土地が必要になります。

 

2階建て:延床面積120m2の家を建てるには、120m2の土地が必要になります。

土地選びのポイント

広さ: 必要な延床面積を確保できる広さの土地を選びましょう。

周辺環境: 日当たり、騒音、交通アクセスなどを考慮しましょう。

災害リスク: 過去の災害履歴や、災害発生時のリスクなどを確認しましょう。

「平屋」か「 2階建て」の新築住宅が
\得意な優良会社を探す/
無料一括プラン請求
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

平屋と2階建て、どちらが暮らしやすい?

「平屋と2階建て、どっちが暮らしやすいの?」平屋と2階建ては、それぞれメリットとデメリットがあります。

平屋2階建て
メリットバリアフリー: 段差がないので、高齢者や小さなお子さんでも安心して暮らせます。将来的なことを考えると、平屋はバリアフリーの点で優れています。

開放感: 視界が開けて、明るく開放的な空間になります。特に、庭や自然に囲まれた場所に建てる場合は、開放感を感じやすくなります。

家事のしやすさ: 階段の上り下りがないため、家事の負担が軽減されます。重い荷物を持って階段を昇り降りする必要がないのは、大きなメリットです。

地震に強い: 2階建てと比べて、地震に強い構造になります。地震が心配な地域に住む場合は、平屋がおすすめです。

費用が安い: 平屋と比べて、建築費用が安くなる傾向があります。

土地が狭い場合でも建てられる: 平屋と比べて、狭い土地でも建てられます。

プライバシー: 2階部分は、外部からの視線や音に配慮しやすいです。

収納: 平屋と比べて、収納スペースを確保しやすいです。クローゼットやロフトなど、様々な収納スペースを設けることができます。

デメリット費用が高い: 2階建てよりも建築費用が高くなる傾向があります。

土地が必要: 同じ延床面積の住宅を建てる場合、2階建てよりも広い土地が必要です。

プライバシー: 2階建てと比べて、外部からの視線や音に配慮する必要があります。特に、住宅街などでは、プライバシーを確保するために、工夫が必要になります。

収納: 収納スペースを確保するのが難しい場合があります。ロフトや床下収納などを活用することで、収納スペースを確保できます。

地震への影響: 平屋と比べて、地震の影響を受けやすい場合があります。特に、高層階は、揺れが大きくなる傾向があります。

階段の負担: 階段の上り下りが大変です。高齢者や小さなお子さん、足の不自由な方には、階段の昇り降りが負担になります。

閉塞感: 平屋と比べて、開放感が得にくい場合があります。吹抜けや大きな窓などを設けることで、開放感を出すことができます。

生活スタイルに合わせた選び方:平屋と2階建ての比較

「平屋と2階建て、どっちが暮らしやすいの?」平屋と2階建ては、それぞれメリットとデメリットがあります。

平屋が向いている人

高齢者や小さなお子さんとの同居: 段差がないので、安全に暮らせます。例えば、高齢の両親と同居する場合、階段の昇り降りが負担になるため、平屋がおすすめです。

家事の負担を減らしたい: 階段の上り下りが少なく、家事動線が短くなります。特に、共働き世帯や、小さなお子さんのいる家庭では、家事の負担軽減が重要です。

開放的な空間で暮らしたい: 視界が広く、明るく開放的な空間で過ごしたい方におすすめです。庭や自然に囲まれた場所に建てる場合にも、開放的な平屋は魅力的です。

地震に強い家に住みたい: 地震が心配な地域に住む場合は、平屋が安心です。

2階建てが向いている人

土地が狭い: 平屋よりも狭い土地に建てることができます。

費用を抑えたい: 平屋よりも建築費用を抑えられます。特に、予算が限られている場合は、2階建てがおすすめです。

プライバシーを重視したい: 2階部分は、外部からの視線や音に配慮しやすいです。周りの目が気になる方、静かに過ごしたい方には、2階建てがおすすめです。

収納スペースを多く確保したい: クローゼットやロフトなど、様々な収納スペースを設けることができます。

平屋と2階建て、どちらを選ぶ?

「結局、どっちがいいの?」平屋と2階建て、どちらが良いかは、家族構成やライフスタイル、予算、土地の広さ、周辺環境など、様々な要素を考慮して決める必要があります。

将来を見据えて考える

家族構成の変化: 将来的に、家族が増える可能性があるのか?

高齢化: 高齢になった際に、階段の上り下りが困難になる可能性があるのか?

バリアフリー: 将来的にバリアフリーが必要になる可能性があるのか?

ライフスタイルに合わせた選択

家事の負担: 家事の負担を軽減したい場合は、平屋がおすすめです。

空間の広がり: 開放的な空間で過ごしたい場合は、平屋がおすすめです。

プライバシー: プライバシーを重視する場合は、2階建てがおすすめです。

収納: 収納スペースを多く確保したい場合は、2階建てがおすすめです。

予算と土地の状況

予算: 平屋は、2階建てよりも費用が高くなる傾向があります。

土地: 平屋は、2階建てよりも広い土地が必要です。

「平屋」か「 2階建て」の新築住宅が
\得意な優良会社を探す/
無料一括プラン請求
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

平屋と2階建ての選び方のヒント

具体的なイメージ: 実際に間取り図を描いたり、完成イメージを写真や資料で確認したりして、具体的なイメージを持つと、どちらが良いか判断しやすくなります。

専門家の意見: 建築士や住宅メーカーの担当者に相談し、アドバイスをもらいましょう。

見学: 実際に平屋や2階建ての住宅を見学して、間取りや空間の広さなどを体感してみましょう。

よくある質問

Q

平屋と2階建て、どちらが地震に強いですか?

A

一般的に、平屋は2階建てよりも地震に強いと言われています。これは、平屋は2階建てと比べて、地震の揺れに対して構造全体が安定しやすいからです。しかし、2階建てでも適切な耐震設計を行えば、地震に強い家を建てることができます。

Q

平屋は、2階建てよりも日当たりが悪くなりませんか?

A

平屋は、2階建てと比べて、日当たりが悪くなる可能性はあります。しかし、窓の配置や大きさを工夫することで、日当たりを確保することができます。また、庭や中庭を設けることで、日差しを遮らずに、明るく開放的な空間を実現することも可能です。

Q

平屋は、2階建てよりも収納スペースが少なくなりませんか?

A

平屋は、2階建てと比べて、収納スペースを確保するのが難しい場合があります。しかし、ロフトや床下収納、小屋裏収納などを活用することで、収納スペースを確保できます。

Q

平屋は、2階建てよりもプライバシーが確保しにくいですか?

A

平屋は、2階建てと比べて、外部からの視線や音に配慮する必要があります。しかし、庭や塀などを設置したり、窓の位置や大きさを工夫したりすることで、プライバシーを確保することができます。

Q

平屋と2階建て、どちらの固定資産税が高いですか?

A

同じ延床面積の場合、平屋のほうが固定資産税が高くなる傾向があります。これは、平屋は2階建てよりも広い土地が必要になるためです。

Q

平屋と2階建て、どちらのメンテナンス費用が高いですか?

A

一般的に、2階建ての方が外壁や屋根の面積が大きくなるため、メンテナンス費用が高くなります。しかし、平屋は、2階建てと比べて、メンテナンス作業がしやすいというメリットもあります。

Q

平屋と2階建て、どちらの住宅ローンが借りやすいですか?

A

どちらの住宅ローンも、借りる人の収入や返済能力、物件の価値などを総合的に判断して、審査が行われます。そのため、平屋と2階建てで、どちらが借りやすいということは一概には言えません。

Q

平屋と2階建て、どちらがおすすめですか?

A

平屋と2階建て、どちらが良いかは、家族構成やライフスタイル、予算、土地の広さ、周辺環境など、様々な要素を考慮して決める必要があります。それぞれのメリット・デメリットを比較検討し、あなたにとって最適な選択をするようにしましょう。

Q

平屋と2階建て、どちらが将来を見据えても安心ですか?

A

将来的なことを考えると、バリアフリーの平屋は、高齢になっても暮らしやすいというメリットがあります。しかし、2階建てでも、リフォームによってバリアフリーに対応できます。

Q

平屋と2階建て、どちらが人気ですか?

A

近年、平屋は人気が高まっていますが、依然として2階建ての方が人気です。

最後に

平屋と2階建て、どちらを選ぶかは、それぞれのメリット・デメリットを比較検討し、自分たちの暮らしに最適な選択をすることが大切です。この記事を参考に、家族みんなで話し合って、あなたにとって最高のマイホームを実現してください!


平屋住宅が得意な新築住宅会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県
大分県
鹿児島県
沖縄県