雪止めのリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

屋根の雪止めは必要?後付けの費用や注意点、選び方を解説!

最終更新日: 2024年6月30日
監修者: ハウミル編集部 (監修履歴)
屋根の雪止めは必要?後付けの費用や注意点、選び方を解説!

この記事からわかる事

雪止めの後付け費用
雪止めが必要かどうか判断
雪止めの種類と特徴
雪止め設置のメリット・デメリット
信頼できる業者を見つける方法

雪止めのリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとに雪止めのリフォームの体験データが確認できます。

Q.雪止めのリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『11〜20万円』程度を予算として考えています。」

Q.雪止めのリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
5.0 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
雪止めの口コミに関するレビューはコチラ>> 雪止めについての専門家への質問はコチラ>>
「雪国じゃないけど、たまに雪が降るから、屋根に雪止めをつけた方がいいのかな?」 「雪止めの費用ってどれくらいかかるんだろう?」 雪の多い地域に住んでいる方はもちろん、近年は温暖な地域でも降雪量が増加傾向にあります。 そんな不安を感じているあなたへ。この記事では、屋根の雪止めについて、費用や種類、設置のメリット・デメリット、そして選び方のポイントを解説します。
   

雪止めを後付けする費用相場

「雪止めを後付けする場合、費用はどれくらいかかるの?」雪止めの後付け費用は、屋根の大きさ、素材、形状、使用する雪止めの種類によって大きく異なります。

雪止め後付け費用の目安

屋根材費用相場(建坪30坪の一戸建ての場合)
スレート6〜10万円
金属系(ガルバリウムなど)9〜16万円
8〜40万円
足場代も忘れずに!

屋根の勾配が急な場合は、安全確保のために足場が必要になります。
足場代は、10~30万円程度かかります。

費用を抑えるためのコツ

相見積もり: 複数の業者に見積もりを依頼して比較しましょう。

他のリフォームと同時施工: 屋根塗装や外壁リフォームと同時に行うことで、足場代を節約できます。

火災保険: 雪害の影響で屋根が破損している場合は、火災保険の利用を検討しましょう。

屋根の雪止め:必要性と設置

「雪止めって、本当に必要なの?」雪止めは、屋根に積もった雪が一気に落下するのを防ぐための設備です。

雪止めが必要な理由

雪止めは、法律で義務付けられているわけではありません。しかし、雪の多い地域では、雪が原因で次のようなトラブルが発生する可能性があります。

落雪事故: 雪が屋根から落ちて、人や車が怪我をする可能性があります。例えば、家の前で雪かきをしている時に、屋根から雪が落ちてきてケガをしてしまった、なんていう話も耳にするかもしれません。

隣家とのトラブル: 雪が隣家の敷地や建物に落ちて、損害を与えてしまう可能性があります。雪が原因で、隣家の車を壊したり、庭木を傷つけたりするなど、トラブルに発展するケースも少なくありません。

雨樋や屋根の破損: 雪の重みで、雨樋や軒先が破損してしまう可能性があります。雨樋が破損すると、雨水が流れ落ちずに、家の壁や基礎を腐らせてしまう原因にもなります。

雪止め設置のメリットとデメリット

メリット

落雪による事故やトラブルを防ぐ: 雪止めを設置することで、雪が一気に落ちるのを防ぎ、事故やトラブルのリスクを大幅に軽減できます。

雨樋や軒先を守る: 雪が雨樋や軒先に直接落ちて、破損するのを防ぎます。

屋根の寿命を延ばす: 雪の重みによる屋根の劣化を防ぎ、屋根の寿命を長く保てます。

デメリット

雪止めは万能ではない!: 雪止めは、雪の落下を防ぐための設備ですが、完全に雪が落ちなくなるわけではありません。積雪量が多い場合は、雪下ろしが必要になります。

施工不良のリスク: 経験不足な業者に依頼すると、施工不良により、雨漏りなどのトラブルが発生する可能性があります。

設置できない屋根もある: アスファルトシングル屋根や、太陽光パネルが屋根の端まである屋根には、雪止めが設置できない場合があります。

雪止めのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

雪止めの種類:屋根材や形状に合わせて選ぼう!

雪止めには、様々な種類があります。屋根材や形状に合わせて、最適な雪止めを選びましょう。

雪止め金具:定番の雪止め金具

雪止め金具は、屋根材に直接取り付けられる金具です。

扇型: 最もシンプルな形状で、落雪予防効果は低めですが、景観を損ないにくいメリットがあります。

羽根つきタイプ: 扇型よりも横に広がった形をしていて、落雪予防効果が高いです。

アングルタイプ: 細長い金具を屋根を横切るように設置するため、最も高い落雪防止の効果があります。

雪止めネット:広い範囲の落雪を防ぐ

雪止めネットは、屋根の端に設置し、フェンスのように落雪を防ぐネットです。

メリット: 広い範囲の落雪を防ぐことができる。

デメリット: 設置費用が高い、見た目が気になる場合がある。

雪止め瓦:瓦と一体型の雪止め

雪止め瓦は、瓦自体に雪止め機能がついた屋根材です。

メリット: 見た目がスッキリする、設置費用が比較的安い。

デメリット: すべての瓦を交換する必要がある、瓦の種類によっては設置できない場合がある。

雪止めを選ぶポイント

「雪止めって、色々あるけど、どれを選んだらいいの?」雪止めを選ぶ際には、以下のポイントを参考にしましょう。

屋根材

屋根材の種類に合った雪止めを選びましょう。

形状

屋根の形状や、雪の落ち方を考慮して、適切な形状の雪止めを選びましょう。

強度

雪の重さに耐えられる強度がある雪止めを選びましょう。

デザイン

屋根のデザインに合う雪止めを選びましょう。

信頼できる業者を見つけるポイント

「雪止め設置は、どこの業者に頼めばいいの?」信頼できる業者を見つけるためには、以下のポイントを確認しましょう。

建設業許可

建設業許可を持っている業者は、経験や技術が一定以上であることを証明します。

施工実績

雪止めの設置実績が豊富な業者を選びましょう。

自社職人

自社職人が施工してくれる業者は、責任感があり、安心できます。

地域密着

地域で長く営業している業者は、信頼性が高く、何かあった場合にすぐに駆けつけてくれます。

国家資格

建築板金技能士やかわらぶき技能士など、雪止めの設置に関連する資格を持っている業者を選ぶと安心です。

雪止めのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

よくある質問

Q

雪止めは、自分で設置できますか?

A

雪止めは、屋根に直接取り付けるため、安全面を考慮すると、専門業者に依頼することをおすすめします。

Q

雪止めは、どんな屋根にも設置できますか?

A

アスファルトシングル屋根や、太陽光パネルが屋根の端まである屋根には、設置できない場合があります。

Q

雪止めを設置すると、火災保険は使えますか?

A

雪止めを設置したことにより、火災保険の適用が受けられるわけではありません。火災保険は、雪害などの自然災害によって、建物や設備が破損した場合にのみ適用されます。

最後に

雪止めは、雪の多い地域だけでなく、近年は温暖な地域でも必要になってきています。この記事で紹介した内容を参考に、

雪止めが必要かどうかを判断する
雪止めの費用相場を把握する
雪止めの種類と特徴を理解する
雪止め設置のメリット・デメリットを理解する
信頼できる業者を見つける

ことで、安心安全な冬を過ごしましょう。


屋根塗装・屋根が得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県
大分県
鹿児島県
沖縄県