ガレージのリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   







購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

夢を叶えるガレージ! 費用相場から種類、賢い建築方法まで徹底ガイド

最終更新日: 2024年5月15日
夢を叶えるガレージ! 費用相場から種類、賢い建築方法まで徹底ガイド

この記事からわかる事

ガレージの費用相場
ガレージのタイプ別のメリデリ
ガレージのリフォームをした購入者【アンケート調査】
ハウミル独自のアンケート調査をもとにガレージのリフォームの体験データが確認できます。
Q.ガレージのリフォーム費用はどのくらいでしたか?
Q.ガレージのリフォームをやってどうでしたか?
「愛車を雨風から守りたい」 「自分だけの趣味の空間が欲しい」 「家族が増えたから、駐車スペースをもっと広げたい」 ガレージを持つことは、多くの人の憧れですよね。 でも、いざガレージを建てるとなると、気になるのは費用です。 「ガレージって、実際どれくらい費用がかかるの?」 「どんな種類があるの?」 「費用を抑えて建てる方法はあるの?」 この記事では、ガレージの費用相場や種類、素材、そして賢い建築方法まで、わかりやすく解説していきます。 あなたの夢を叶える、理想のガレージ作りを始めましょう!

ガレージの費用相場:1台用・2台用…タイプ別にチェック!

ガレージの費用は、その種類や大きさ、そして建築方法によって大きく異なります。まずは、代表的なガレージの種類と、それぞれの費用相場を見ていきましょう。

種類1台用2台用
既製品ガレージ90万円~120万円150万円~250万円
独立型ガレージ100万円~300万円200万円~600万円
ビルトインガレージ150万円~350万円400万円~700万円

それぞれのガレージの特徴を詳しく見ていきましょう。

既製品ガレージ:コスト重視の方におすすめ!

既製品ガレージは、すでに設計・製造されたガレージを、そのまま設置するタイプです。そのため、他のガレージに比べて、費用を抑えることができます。「とにかく予算を抑えたい!」「シンプルなガレージで十分!」そんな方におすすめです。1台用、2台用だけでなく、3台用や4台用も販売されています。
3台用:150万円~350万円
4台用:約400万円

独立型ガレージ:自由な設計とデザインを楽しめる!

独立型ガレージは、住宅とは別にガレージを建てるタイプです。そのため、大きさや形、デザインなどを自由に決めることができます。「自分だけのオリジナルガレージを作りたい!」「こだわりの空間が欲しい!」そんな方におすすめです。

ビルトインガレージ:住宅と一体感のある空間に

ビルトインガレージは、住宅とガレージが一体化した構造です。インナーガレージとも呼ばれます。雨に濡れずに車に乗り降りできたり、防犯性が高かったりと、利便性が高いのが特徴です。「快適性とデザイン性を両立させたい!」そんな方におすすめです。

ガレージの建築費用:4つの項目をチェック!

ガレージの建築費用は、以下の4つの項目から構成されます。

ガレージ本体の費用
組み立て費用
基礎工事・土間コンクリート敷設費用
建築確認申請費用

それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

ガレージ本体の費用

既製品ガレージの場合、メーカーやサイズによって価格が大きく異なります。例えば、イナバガレージとヨドコウガレージの1台用・2台用・3台用の価格相場は、以下の通りです。

メーカー1台用2台用3台用
イナバガレージ約35万円~45万円約70万円~110万円約200万円前後
ヨドコウガレージ約30万円~40万円約70万円~90万円約110万円前後

独立型ガレージやビルトインガレージの場合は、設計や使用する素材、内装の仕上げなどによって費用が大きく変動します。

組み立て費用

既製品ガレージを購入する場合でも、組み立て費用は別途必要となります。ガレージの組み立ては、専門的な知識や技術、そして重機が必要となる場合もあるため、業者に依頼するのが一般的です。組み立て費用は、ガレージのサイズや業者によって異なりますが、1台用で10万円台前半、2台用で20万円弱が目安となります。

基礎工事・土間コンクリート敷設費用

ガレージを建てる際には、地面にしっかりと基礎を作る必要があります。基礎工事と土間コンクリートの敷設費用は、ガレージの大きさや設置場所の状況によって異なります。
斜地にガレージを建てる場合は、地盤改良などの追加工事が必要となり、費用が高くなる傾向があります。

建築確認申請費用

ガレージは建築基準法上「建築物」とみなされるため、原則として床面積が10㎡以上の場合は建築確認申請が必要となります。防火地域や準防火地域では、10㎡未満でも申請が必要な場合があります。建築確認申請費用は、自治体や床面積によって異なりますが、2万円~5万円程度が目安です。業者に代行申請を依頼する場合、別途8万円~20万円程度の費用がかかります。建築確認申請を行わずにガレージを設置すると、違法建築とみなされ、撤去を命じられる可能性もありますので、注意が必要です。

ガレージの種類:独立型 vs ビルトイン

独立型ガレージとビルトインガレージ、それぞれにメリット・デメリットがあります。どちらのタイプがあなたのライフスタイルに合っているか、比較検討してみましょう。

独立型ガレージ:自由度と広さが魅力!

独立型ガレージは、住宅とは別にガレージを建てるタイプです。そのため、大きさや形、デザインなどを自由に決めることができます。車だけでなく、バイクや自転車、趣味のスペースなど、様々な用途に活用できるのも魅力です。

メリット

自由度の高さ: 設計やデザインを自由に決められます。

広々とした空間: 駐車スペースを広く確保できます。

多様な用途: 車以外の用途にも活用できます。

デメリット

費用: 既製品ガレージに比べて費用が高額になります。

動線: 住宅から離れているため、雨の日などは不便に感じるかもしれません。

ビルトインガレージ:快適性と一体感が魅力!

ビルトインガレージは、住宅とガレージが一体化した構造です。雨に濡れずに車に乗り降りできる、防犯性が高い、住宅と一体感のある美しい外観になるなど、多くのメリットがあります。

メリット

快適な動線: 雨の日でも濡れずに車に乗り降りできます。

高い防犯性: 車上荒らし対策にも効果的です。

美しい外観: 住宅と一体感のある美しい外観になります。

デメリット

費用: 独立型ガレージよりもさらに費用が高額になります。

スペース: 住宅の一部をガレージにするため、居住スペースが狭くなります。

ガレージの素材:木造 vs 鉄骨

ガレージの建築に使用する素材は、主に「木造」と「鉄骨」の2種類です。それぞれのメリット・デメリットを比較し、あなたに合った素材を選びましょう。

木造ガレージ:温かみのある空間

木造ガレージは、木ならではの温かみのある雰囲気が魅力です。DIYでカスタマイズしやすいのもメリットの一つです。

メリット

温かい雰囲気: 木造ならではの温かみがあります。

デザインの自由度: 比較的自由なデザインが可能です。

DIY: 木材を加工しやすいので、DIYでカスタマイズできます。

デメリット

耐久性: 鉄骨に比べて耐久性が劣ります。

メンテナンス: 定期的な塗装などのメンテナンスが必要です。

鉄骨ガレージ:耐久性とメンテナンス性に優れる

鉄骨ガレージは、耐久性が高く、メンテナンスの手間が少ないのが特徴です。鉄骨造と鉄筋コンクリート造の2種類があり、鉄筋コンクリート造の方がより耐久性、遮音性、気密性に優れています。

メリット

高い耐久性: 木造に比べて耐久性が高く、長持ちします。

メンテナンスフリー: 防腐処理や塗装などのメンテナンスがほとんど必要ありません。

耐火性: 鉄筋コンクリート造は、耐火性に優れています。

デメリット

費用: 木造に比べて費用が高額になります。

断熱性: 夏は暑く、冬は寒くなりやすいです。

ガレージ費用を抑える2つのポイント

「理想のガレージを、できるだけ安く建てたい!」そんな方に向けて、費用を抑えるためのポイントを2つご紹介します。

1. 外構工事業者に直接依頼する

ガレージを建てる際、ホームセンターやリフォーム会社を通して依頼するケースも多いですが、その場合は仲介手数料が発生し、費用が高くなってしまう可能性があります。できるだけ費用を抑えたい場合は、実際に施工を行う外構工事業者や工務店に直接依頼するのがおすすめです。中間マージンが発生しないため、費用を抑えられます。また、直接依頼することで、施工担当者と直接コミュニケーションを取ることができ、あなたの要望をより的確に反映してもらうことができます。

2. 複数業者から見積もりを取る

ガレージの費用は、業者によって大きく異なります。複数の業者から見積もりを取り、価格や内容を比較検討することで、最適な業者を選ぶことができます。見積もりを比較する際には、以下の点に注意しましょう。

内訳の詳細: どのような工事項目が含まれているのか、細かく確認しましょう。
使用材料: どのような素材を使用するのか、品質はどうか、確認しましょう。
保証: 工事後の保証内容もしっかり確認しましょう。

ガレージのよくある質問

夢のマイホームを建てる際、車好きならガレージも一緒に検討したい!という方も多いのではないでしょうか?ここでは、ガレージ設置に関するよくある質問をQ&A形式で詳しく解説し、あなたのガレージ計画を後押しします。

Q

工事期間はどのくらい?

A

ガレージの工事期間は、規模や構造によって異なります。ビルトインガレージの場合は住宅の建築と同時進行で行われることが多く、1ヶ月から2ヶ月程度かかることが多いでしょう。分離型ガレージは、規模にもよりますが、数週間から1ヶ月程度かかることが多いようです。

Q

ガレージを設置する際の注意点は?

A

ガレージを設置する際には、いくつかの点に注意が必要です。まず、ガレージの大きさや配置は、将来的な車の買い替えや家族構成の変化も考慮して決める必要があります。また、ガレージ内の換気や照明も重要な要素です。さらに、建築基準法などの法的な制限も確認しておく必要があります。

最後に:ガレージ費用を理解して、納得のいくガレージを建てよう!

ガレージの建築には、様々な費用がかかります。
事前に費用相場や種類、素材などを理解しておくことで、予算オーバーを防ぎ、納得のいくガレージを建てることができます。
この記事を参考に、あなたの夢を叶えるガレージ作りをスタートさせましょう!

 参考資料

ガレージのリフォームを激安・格安でするには?
ガレージのリフォームを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。

ガレージのリフォームを依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。
相見積もりとは?
相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

ガレージのリフォームを安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが難しく最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用しましょう。
一括見積もり無料サービスで安くガレージのリフォームをできる優良業者を探す!
一括見積もり無料サービスとは、ガレージのリフォームを得意としている優良会社の見積もりを複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

Check!
  1. 小さな修理工事から一括見積り依頼が無料でできる!
  2. 各会社にお断りの連絡は自分でしなくていい!
  3. 見積もり金額や会社が気に入らなければ『全キャンセル』も無料で可能!
  4. メールで全て完結してお悩みは解決!
  5. 相場より費用を1割以上抑えることができる!
  6. 自分で探さなくても各県の優良会社と見積りが簡単に手に入る!
  7. 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
  8. 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
  9. 厳しく審査された'優良リフォーム会社'やメーカー・工務店のみの見積もりが請求できる!
  10. 具体的に決まっていない場合は『相談だけ』でもOK!もちろん完全無料!
  11. 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!
5分に1人が依頼!
3分でスグに申込み完了!
具体的に決まっていなくても、まずはお気軽にご相談ください。
※リフォらんは、ハウミル運営元です。





Breaking News

無料新規会員登録募集中

残り枠247