パーゴラのリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

パーゴラの費用相場と設置前に知っておきたい基礎知識を徹底解説!

最終更新日: 2024年6月30日
監修者: ビセンリフォーム (監修履歴)
パーゴラの費用相場と設置前に知っておきたい基礎知識を徹底解説!

この記事からわかる事

パーゴラの費用相場
パーゴラの種類
パーゴラの選び方
パーゴラのメリデリ
アイデア事例

パーゴラのリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとにパーゴラのリフォームの体験データが確認できます。

Q.パーゴラのリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『〜10万円』程度を予算として考えています。」

Q.パーゴラのリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
3.8 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
パーゴラの口コミに関するレビューはコチラ>> パーゴラについての専門家への質問はコチラ>>

最初に監修者の『ビセンリフォーム』からのコメント

庭やテラスに開放的な空間を作り出すパーゴラ。つる性の植物を絡ませたり、日よけ布をかけたりすることで、おしゃれな空間を演出できるだけでなく、日差しや雨を遮る実用的な役割も果たします。 しかし、パーゴラの設置を検討する際には、「費用はどのくらいかかるのか」「どんな種類があるのか」「DIYで設置できるのか」など、気になる点は多いのではないでしょうか。 この記事では、パーゴラの費用相場や種類、選び方、注意点、メリット・デメリットなど、設置前に知っておきたい基礎知識を徹底解説します。
   

パーゴラの費用相場

パーゴラの費用は、使用する素材、大きさ、設置場所、工事内容によって大きく異なります。そのため、一概にいくらとは言えません。しかし、事前に相場を把握しておくことで、予算計画を立てやすくなります。

一般的な費用相場

パーゴラの費用は、約10万円〜50万円 が相場です。

素材
天然木、アルミ、鉄骨など、様々な素材があります。耐久性や価格、メンテナンス性などが異なります。一般的に、天然木の方が価格は高くなります。
大きさ
パーゴラの大きさによって費用が変わります。柱の数や梁の長さ、屋根の面積が大きくなるほど、費用も高くなります。
設置場所
設置場所の状況によって、基礎工事の難易度が変わり、費用も変動します。
工事内容
パーゴラの設置工事には、基礎工事、組み立て、塗装、電気配線など、様々な作業が含まれます。工事内容が複雑になるほど、費用も高くなります。

費用の内訳

パーゴラの費用は、大きく分けて「材料費」と「施工費」から成り立ちます。

材料費
パーゴラの柱、梁、屋根材、金具、塗料などの材料費です。
施工費
現場調査、基礎工事、組み立て、塗装、電気配線など、施工にかかる費用です。

費用を抑えるポイント

パーゴラの費用を抑えるためには、いくつかのポイントがあります。

キット商品を利用する
ホームセンターなどで販売されているパーゴラのキット商品を利用することで、材料費や施工費を抑えることができます。
シンプルな構造にする
複雑な形状や装飾を避け、シンプルな構造にすることで、費用を抑えることができます。
自分でできる作業は行う
塗装や組み立てなど、自分でできる作業は行うことで、施工費を抑えることができます。

パーゴラの種類

パーゴラには、様々な種類があります。用途や好みに合わせて、最適な種類を選びましょう。

材質

天然木: 自然の温もりを感じられるのが魅力です。耐久性や風合い、経年変化を楽しめる一方、定期的なメンテナンスが必要です。

 

ハードウッド: 耐久性が高く、高級感のある木材です。イペ、ウリン、セランガンバツなど

 

ソフトウッド: 比較的安価で加工しやすい木材です。レッドシダー、SPF、サイプレスなど

 

アルミ: 軽量で錆びにくく、メンテナンスが容易です。シンプルでスタイリッシュなデザインが多いです。

 

鉄骨: 強度が高く、大規模なパーゴラにも適しています。錆止め加工が必要です。

形状

独立タイプ: 単独で設置するタイプです。庭やテラスのシンボル的な存在になります。

 

付属タイプ: 建物の壁面や軒下に設置するタイプです。リビングやテラスの延長として活用できます。

 

アーチタイプ: アーチ状の屋根が特徴です。おしゃれでロマンチックな雰囲気を演出できます。

屋根

布製: キャンバス地やポリエステル地など、様々な素材があります。日差しや雨を遮る効果が高く、デザイン性も豊かです。

 

植物: つる性の植物を絡ませることで、緑の屋根を作ることができます。日差しを遮るだけでなく、視覚的な涼しさも提供してくれます。

 

木製: ルーバー状に木材を組んだ屋根です。日差しを調整することができます。

 

ポリカーボネート: 透明な屋根材で、光を取り込みながら雨を遮ることができます。

パーゴラのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

パーゴラの選び方

パーゴラを選ぶ際には、設置場所や用途、好みの雰囲気に合わせて選ぶことが重要です。

設置場所: パーゴラを設置する場所の日当たり、風通し、広さなどを考慮して選びましょう。

 

用途: パーゴラをどのように活用したいかを明確にしましょう。日差しを遮りたい、雨を避けたい、植物を育てたい、食事を楽しみたいなど、用途によって最適な種類が異なります。

 

デザイン: 周囲の景観や建物の雰囲気に合ったデザインを選びましょう。

 

材質: 天然木の温もりを重視する場合は天然木を、メンテナンスの手軽さを重視する場合はアルミや鉄骨を選びましょう。

 

予算: 予算に合わせて、適切な価格のパーゴラを選びましょう。

パーゴラのメリット・デメリット

パーゴラを設置することで得られるメリットは多くありますが、同時にデメリットも存在します。メリットとデメリットを比較検討し、設置するかどうか判断しましょう。

メリット

開放的な空間を作れる: パーゴラは、庭やテラスに開放的な空間を作り出すことができます。

日差しや雨を遮ることができる: パーゴラに屋根材や植物を絡ませることで、日差しや雨を遮ることができます。

おしゃれな空間を演出できる: パーゴラは、庭やテラスのデザイン性を高め、おしゃれな空間を演出することができます。

植物を育てることができる: パーゴラに植物を絡ませることで、緑豊かな空間を作ることができます。

デメリット

費用がかかる: パーゴラの設置には、材質によって高額費用がかかります。

メンテナンスが必要: パーゴラは、定期的な清掃やメンテナンスが必要です。特に天然木の場合は、防腐処理や塗装の塗り直しが必要です。

強度: 強風や積雪に耐えられる強度があるか、事前に確認する必要があります。

パーゴラ設置で後悔しないために

庭に素敵な空間を作り出すパーゴラ。しかし、設置後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔するケースも少なくありません。ここでは、パーゴラ設置で後悔しないためのポイントを、目的、デザイン、安全対策の3つの観点から詳しく解説します。さらに、パーゴラと相性の良い植物や設置場所の選び方についてもご紹介します。

パーゴラ設置前に考えるべき3つのポイント

1. 設置目的を明確にする
パーゴラを設置する目的は人それぞれです。
日差しを遮りたい、視線を遮りたい、植物を育てたい、おしゃれな空間を作りたいなど、目的は様々でしょう。
目的が曖昧なままパーゴラを設置してしまうと、サイズやデザインが合わなかったり、使い勝手が悪かったりと、後悔する原因になります。
例えば、日差しを遮ることを目的とするなら、設置場所の日当たりや時間帯を考慮したサイズや向きを選ぶ必要があります。
視線を遮りたい場合は、パーゴラの高さや設置場所、周囲の環境との調和を考える必要があります。
設置前に、パーゴラでどんなことを実現したいのか、具体的なイメージを明確にしておきましょう。
2. 外構や住宅に合わせたデザインを選ぶ
パーゴラ単体のデザインだけでなく、外構や住宅との調和も考えて選びましょう。
素材、色、形状、サイズなどを考慮し、周囲の環境に馴染むデザインを選ぶことで、統一感のある美しい空間を作ることができます。
例えば、洋風の住宅には、木製の白いパーゴラが良く合います。
和風の住宅には、竹や木製の落ち着いた色合いのパーゴラが調和しやすいでしょう。
モダンな住宅には、金属製のスタイリッシュなパーゴラがおすすめです。
外壁や窓枠の色とパーゴラの色の組み合わせにも注意し、統一感を意識しましょう。
3. DIYで設置する場合は安全対策を徹底する
パーゴラはDIYでも設置できますが、安全対策は非常に重要です。
特に、台風や積雪が多い地域では、強風や雪の重みに耐えられるよう、基礎をしっかりと固定する必要があります。
DIYに不安がある場合は、無理せず専門業者に依頼しましょう。
安全性を確保し、安心して長く使えるパーゴラを設置するためには、プロの知識と技術が不可欠です。

パーゴラと相性の良い植物

パーゴラには、つる性の植物を這わせることで、より魅力的な空間を演出できます。おすすめの植物をいくつかご紹介します。

花を楽しむ

つるバラ: 華やかで美しい花を咲かせ、優雅な雰囲気を演出します。

 

クレマチス: 色や形が豊富な花を咲かせ、個性的な空間を作れます。

 

ツルアジサイ: 涼しげな白い花を咲かせ、夏場に涼を感じさせてくれます。

収穫を楽しむ

ブドウ: 実りの秋には、収穫の楽しみも味わえます。

 

キウイ: 甘酸っぱい果実を収穫できます。

 

ゴーヤ: 夏のグリーンカーテンとしても活躍します。

緑陰を楽しむ

セイヨウアサガオ: 生育旺盛で、夏場には涼しい日陰を作ってくれます。

 

ヘデラ: 常緑で、一年中緑を楽しむことができます。

実現したい庭のイメージや、パーゴラの設置場所の日当たりなどを考慮して、適切な植物を選びましょう。

パーゴラを設置するおすすめの場所

パーゴラの設置場所によって、庭の雰囲気や使い勝手は大きく変わります。後悔しない場所選びのために、2つの例をご紹介します。

1. 庭のコーナー:デッドスペースを有効活用
庭のコーナーは、活用しにくいデッドスペースになりがちです。ここにパーゴラを設置することで、空間を有効活用し、おしゃれなアクセントを加えることができます。

2. 庭の中心:シンボルツリーと組み合わせて癒やしの空間に
庭の中心にパーゴラを設置し、シンボルツリーと組み合わせることで、庭全体の焦点となり、癒やしの空間を演出できます。周囲を緑で囲むことで、360度自然を感じられる、特別な空間になるでしょう。

パーゴラを設置する際は、目的、デザイン、安全対策をしっかりと検討することが大切です。この記事を参考に、後悔のないパーゴラ選びをして、素敵なガーデンライフを満喫してください。

パーゴラのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

パーゴラ設置:暮らしを彩る様々なアイデア事例をご紹介!

「パーゴラを設置して、素敵な空間を作りたいけど、どんなデザインがあるの?」「費用はどれくらいかかるのかな?」パーゴラ設置の様々なアイデアを、費用や特徴と共にご紹介します。

Case 1

グリーンカーテンで涼しげな空間を演出

パーゴラにグリーンカーテンを這わせることで、夏は涼しげな空間を演出できます。緑の葉が太陽光を遮り、日差しを和らげ、涼しい空間を実現します。グリーンカーテンは、ゴーヤやアサガオなど、様々な植物で楽しめます。

費用約15万円~ (パーゴラと植物の費用、設置費用を含みます)
工期1~2日 (設置場所や規模によって異なります)
特徴緑のある空間は、癒やし効果も期待できます。
Case 2

ウッドデッキと組み合わせる

ウッドデッキにパーゴラを設置することで、より快適なアウトドアリビングを実現できます。パーゴラの下で、食事をしたり、お茶をしたり、ゆったりとくつろいだりできます。雨の日でも、パーゴラの下で過ごせるので、快適です。

費用約20万円~ (ウッドデッキとパーゴラの費用、設置費用を含みます)
工期3~5日 (設置場所や規模によって異なります)
特徴庭に、開放的な空間を作ることができます。
Case 3

ハンモックを吊るしてリラックス空間

パーゴラにハンモックを吊るして、リラックスできる空間を作ります。ハンモックに揺られながら、読書をしたり、お昼寝をしたりできます。子供も喜んでくれるので、家族みんなが楽しめる空間になります。

費用約13万円~ (パーゴラとハンモックの費用、設置費用を含みます)
工期1~2日 (設置場所や規模によって異なります)
特徴リゾート気分を味わえる、癒やしの空間になります。
Case 4

照明を取り付けて、夜の空間も演出

パーゴラに照明を取り付けることで、夜は幻想的な雰囲気になります。ガーデンライトやランタンなどを設置して、夜の庭を美しく演出できます。夜は、パーゴラの下で、バーベキューやパーティーを楽しむのもおすすめです。

費用約12万円~ (照明器具と設置費用を含みます)
工期1日 (設置場所や規模によって異なります)
特徴昼間とは違う、夜の表情を楽しめます。
Case 5

DIYでパーゴラに挑戦

DIYでパーゴラを作れば、費用を抑えられます。木材を組み合わせて、自分だけのオリジナルパーゴラを作れます。ホームセンターで材料を購入し、YouTubeやブログなどで作り方を参考にすれば、比較的簡単に作れます。

費用材料費のみ (約5万円~)
工期数時間~数日 (DIYの経験や規模によって異なります)
特徴世界に一つだけのパーゴラを作ることができます。

 

DIYでパーゴラ設置する方への注意点

設置場所や構造、メンテナンスについて確認しておきましょう。パーゴラを設置する際には、いくつかの注意点があります。

日当たりの確認

パーゴラを設置する場所の日当たりを考慮しましょう。日差しを遮ることを目的とする場合は、日当たりの良い場所に設置する必要があります。

風通しの確保

パーゴラの下は風通しが悪くなる可能性があるため、風通しを確保できる場所に設置しましょう。

排水性の確保

雨水が溜まらないように、排水勾配を設けるなど、排水対策をしっかりと行いましょう。

定期的なメンテナンス

パーゴラは、定期的に清掃やメンテナンスを行うことで、美観を維持し、寿命を延ばすことができます。特に天然木の場合は、防腐処理や塗装の塗り直しが必要です。

パーゴラのよくある質問

疑問点を解消して、安心して設置を行いましょう。パーゴラに関するよくある質問をまとめました。

Q

パーゴラの耐用年数は?

A

パーゴラの耐用年数は、使用する素材やメンテナンスの頻度によって異なります。アルミや鉄骨製のパーゴラは、適切なメンテナンスを行うことで、20年以上使用できることもあります。天然木のパーゴラは、10年〜15年程度が目安となります。

Q

パーゴラのメンテナンスはどうすれば良いですか?

A

定期的にデッキブラシで清掃したり、水洗いしたり、必要に応じて防腐剤や塗料を塗布するなどのメンテナンスが必要です。天然木の場合は、木材の劣化状態に合わせて、再塗装や部品交換などのメンテナンスが必要になります。

Q

パーゴラはDIYで設置できますか?

A

ある程度のDIY経験があれば、パーゴラをDIYで設置することも可能です。ホームセンターなどで販売されているキット商品を利用すると、比較的簡単に設置できます。しかし、基礎工事や電気配線など、専門的な知識や技術が必要な工程もあるため、不安な場合は専門業者に依頼することをおすすめします。

パーゴラのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

最後に監修者の『ビセンリフォーム』からのコメント

パーゴラは、庭やテラスに開放的で快適な空間を作り出すことができる魅力的な設備です。費用や種類、注意点などをしっかりと把握して、理想のパーゴラを作りましょう。


外構工事・エクステリアが得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県