外構のリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   







購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

オープン外構・クローズド外構・セミクローズ外構のメリット・デメリットを徹底解説!費用相場や 失敗しないための対策を紹介

最終更新日: 2024年5月16日
オープン外構・クローズド外構・セミクローズ外構のメリット・デメリットを徹底解説!費用相場や 失敗しないための対策を紹介

この記事からわかる事

外構の種類と費用相場
外構の種類とメリデリ
外構のリフォームをした購入者【アンケート調査】
ハウミル独自のアンケート調査をもとに外構のリフォームの体験データが確認できます。
Q.外構のリフォーム費用はどのくらいでしたか?
Q.外構のリフォームをやってどうでしたか?
「せっかく家を建てるなら、外構にもこだわりたい!」 「でも、どんな外構にすればいいのか、イメージが湧かない…」 家づくりにおいて、外構は家の顔とも言える重要な要素です。 しかし、オープン外構、クローズド外構、セミクローズ外構…と、種類が多くて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。 この記事では、それぞれの外構の特徴や費用相場、メリット・デメリットをわかりやすく解説! さらに、失敗しないための対策もご紹介します。 ぜひ参考にして、あなたの家にぴったりの素敵な外構を作り上げてください。

家の印象を大きく左右する「外構」

外構とは、門、門柱、塀、フェンス、植栽、アプローチ(玄関までの道)、カーポートなど、家の周りの空間全体のことです。エクステリアと呼ばれることもあります。外構は、家の外観を大きく左右するだけでなく、プライバシーや防犯、そして暮らしやすさにも影響を与える重要な要素です。「素敵な外構にしたいけど、何から考えればいいか分からない…」そんな方のために、まずは外構の種類と特徴から見ていきましょう。

外構の種類と費用相場

家の外構には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

オープン外構
クローズド外構
セミクローズ外構

それぞれの特徴を、メリット・デメリットと合わせて詳しく解説します。

オープン外構:明るく開放的な空間

費用相場: 50万円~150万円

オープン外構は、塀やフェンスを設置せず、敷地と道路の境界を曖昧にする外構スタイルです。視界を遮るものが少ないため、明るく開放的な印象を与えます。

メリット

開放感: 広々とした空間を演出できます。

明るさ: 日差しがたっぷり入る、明るい空間になります。

費用: 他の外構スタイルに比べて、費用を抑えられます。

デメリット

プライバシー: 外からの視線が入りやすく、プライバシーを守りづらい。

防犯: 敷地内に侵入しやすい。

子供の飛び出し: 小さなお子様がいる場合は、道路に飛び出してしまう危険性があります。

「オープン外構は、開放的で素敵だけど、プライバシーや防犯面がちょっと心配…」そんな方は、クローズド外構やセミクローズ外構を検討してみましょう。

クローズド外構:プライバシーと安心感を重視

費用相場: 200万円~300万円

クローズド外構は、塀やフェンスで敷地を囲い、外部からの視線を遮断する外構スタイルです。プライバシー保護や防犯対策に効果的で、安心感の高い暮らしを実現できます。

メリット

プライバシー: 外からの視線を遮断し、プライベートな空間を作れます。

防犯: 敷地への侵入を防ぎ、防犯性を高めます。

子供の飛び出し防止: 小さなお子様がいる場合でも、安心して庭で遊ばせることができます。

デメリット

費用: オープン外構に比べて、費用が高くなります。

閉鎖感: 塀やフェンスで囲ってしまうと、閉鎖的な印象になりやすい。

圧迫感: 敷地が狭い場合は、圧迫感を感じやすくなる。

セミクローズ外構:オープンとクローズドの良いとこどり!

費用相場: 150万円~250万円

セミクローズ外構は、オープン外構とクローズド外構の中間的なスタイルです。リビングや浴室など、プライバシーを守りたい場所には塀やフェンスを設置し、その他の部分はオープンにすることで、開放感とプライバシーの両方を確保できます。

メリット

バランス: 開放感とプライバシーのバランスが良い。

デザイン: オープンな部分とクローズドな部分を組み合わせることで、変化のあるデザインを楽しめます。

デメリット

設計: バランスの取れた外構にするには、設計の工夫が必要です。

費用: オープン外構よりは高くなり、クローズド外構よりは安くなる傾向があります。

外構工事、失敗しないための3つのポイント

外構工事は、後からやり直そうとすると、多額の費用がかかってしまいます。「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、以下の3つのポイントをしっかり押さえましょう。

1. イメージを具体的に伝える

「こんな感じの外構にしたい!」というイメージを、施工業者にしっかりと伝えましょう。写真やイラストなどを用意すると、イメージが伝わりやすくなります。業者とのコミュニケーション不足が原因で、「思っていたのと違う…」というトラブルも少なくありません。完成イメージを共有することが、満足のいく外構を作る上で非常に重要です。

2. 予算計画は余裕を持って

外構工事は、住宅本体の建築費用とは別に必要となります。住宅ローンの対象外となる場合も多いので、外構工事費も考慮した資金計画を立てましょう。一般的に、外構費用は、住宅本体の建築費の1割程度が目安と言われています。

3. 見積もりは複数社から!

複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。見積もりを比較する際には、以下の点に注意しましょう。

内訳の詳細: どのような工事項目が含まれているのか、材料費、人件費など、細かく確認しましょう。
使用する材料: どのような素材を使用するのか、品質はどうか、事前に確認しましょう。
保証: 工事後の保証内容もしっかり確認しましょう。

外構工事で後悔しないための対策

外構工事は、後からやり直そうとすると、多額の費用と時間がかかります。「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、事前にしっかりと対策を練っておきましょう。

カーポートは、将来を見据えて余裕を持ったサイズに

カーポートは、車の出し入れのしやすさだけでなく、将来的な車の買い替えも考慮して、余裕を持ったサイズを選びましょう。小さすぎると、車の乗り降りが不便だったり、壁に車をぶつけてしまったりする可能性があります。また、給湯器との距離にも注意が必要です。給湯器の排気ガスは、カーポートの素材に悪影響を及ぼす可能性があります。

駐輪場のスペースも確保

将来的に自転車が増える可能性も考慮し、駐輪場のスペースを確保しておきましょう。子供用の自転車だけでなく、大人用の自転車や、電動アシスト自転車なども置くことを想定しておくと安心です。

照明計画も忘れずに

夜間でも安全に歩けるように、そして防犯対策としても、屋外照明は必須です。門灯、アプローチの照明、ガーデンライトなど、用途に合わせて適切な照明を選びましょう。

水道の位置は、使い勝手を考えて

カーポートの近くに水道があると、洗車などに便利です。後から水道を増設したり、移動したりするのは、費用がかさむので、事前にしっかりと計画しておきましょう。

屋外コンセントがあると便利!

屋外にコンセントがあると、掃除機や高圧洗浄機などを使用する際に便利です。庭の照明や、防犯カメラの電源としても活用できます。

庭のデザイン、失敗しないための4つのポイント|視線・動線・維持管理・光

わくわくする反面、「どんな風に配置すればいいのかわからない…」「後で後悔しないか不安…」そんな悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか?庭のデザインは、機能性とデザイン性を両立させることが重要です。そこで今回は、よくある失敗例を踏まえながら、庭のデザインで失敗しないための4つのポイントを解説していきます。

庭のデザイン失敗例

駐車場が狭くて、車の出し入れが大変!
リビングから庭が見えるはずが、フェンスで遮られてしまった…
夜、駐車場が暗くて怖い!
植栽が大きくなりすぎて、お手入れが大変!

こんな失敗を防ぐために、以下の4つのポイントをしっかり押さえましょう。

1. 視線:プライバシーを守り、快適な空間に

「リビングの大きな窓から、庭の緑を眺めたい」「ウッドデッキで、ゆったりとくつろぎたい」
そんな素敵なイメージを持って庭づくりをする方も多いでしょう。しかし、視線を考慮せずに庭を作ってしまうと…
「リビングが道路から丸見えで、カーテンを開けられない…」「隣の家から庭が丸見えで、リラックスできない…」
なんてことになりかねません。プライバシーを守り、快適に過ごせる空間にするためには、視線の調整が重要です。目隠しフェンスを設置したり、高木を植えたりすることで、外からの視線を遮ることができます。また、庭の中から外の景色をどのように眺めたいか、という視点も大切です。例えば、リビングからシンボルツリーが見えるように配置したり、窓から借景を楽しめるように設計したりすることで、より美しい庭を演出することができます。

2. 動線:人や車の動きやすさを意識しよう!

庭を快適に使うためには、人や車の動きやすさを考慮した動線設計が重要です。

例えば、駐車場なら…
道路からの出入りはスムーズか?
玄関までの距離は適切か?
ドアの開閉はしやすいスペースがあるか?
車の乗り降りに必要なスペースは確保されているか?

「せっかくおしゃれなカーポートを設置したのに、柱が邪魔で車の出し入れがしにくい…」「駐車場が狭すぎて、ドアを全開にできない…」
そんな失敗を防ぐために、事前にしっかりとシミュレーションを行い、スムーズな動線設計を行いましょう。

3. 維持管理:長く楽しめる庭にするために

庭は、作って終わりではありません。美しい状態を保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。庭のデザインを考える際には、将来的なメンテナンスのことも考えて、素材やデザインを選びましょう。

例えば…
芝生: 定期的な芝刈りや水やりが必要です。
植栽: 剪定や施肥、病害虫対策などが必要です。
ウッドデッキ: 定期的な塗装が必要です。

「庭仕事は好きだけど、あまり手間はかけられない…」そんな方は、メンテナンスの手間が少ない素材やデザインを選ぶと良いでしょう。
例えば、人工芝や、成長が遅く剪定の手間が少ない植栽を選ぶなど、工夫次第でメンテナンスの手間を減らすことができます。

4. 光:昼間だけでなく、夜間のことも考えよう!

庭のデザインを考える際には、昼間の明るさだけでなく、夜間の照明についても考慮しましょう。照明がないと、夜間は庭が暗くて危険なだけでなく、せっかくの美しい庭も楽しむことができません。駐車場やアプローチには、足元を照らす照明を設置することで、夜間の安全性を高めることができます。また、庭木や花壇をライトアップすることで、幻想的な雰囲気を演出することもできます。照明の種類や配置を工夫することで、夜も魅力的な庭を作り上げましょう。

外構工事のよくある質問

外構について、よくある質問をまとめました。

Q

オープン外構は防犯面で不安… 対策は?

A

防犯カメラやセンサーライトを設置する、防犯砂利を敷く、窓に防犯フィルムを貼るなどの対策が有効です。

Q

クローズド外構は圧迫感がある… どうすればいい?

A

開放感のあるデザインのフェンスを選ぶ、高さの低い塀にする、植栽を効果的に配置するなどの工夫で、圧迫感を軽減できます。

Q

外構工事は、DIYできる?

A

簡単な作業であればDIYも可能ですが、専門的な知識や技術が必要となる作業は、業者に依頼することをおすすめします。

最後に:外構で、理想の暮らしを叶えよう!

外構は、家の顔となるだけでなく、暮らしやすさや安全性を左右する重要な要素です。
この記事を参考に、あなたのライフスタイルや好みに合った外構を選び、理想の暮らしを実現しましょう!


外構のリフォームを激安・格安でするには?
外構のリフォームを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。

外構のリフォームを依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。
相見積もりとは?
相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

外構のリフォームを安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが難しく最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用しましょう。
一括見積もり無料サービスで安く外構のリフォームをできる優良業者を探す!
一括見積もり無料サービスとは、外構のリフォームを得意としている優良会社の見積もりを複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

Check!
  1. 小さな修理工事から一括見積り依頼が無料でできる!
  2. 各会社にお断りの連絡は自分でしなくていい!
  3. 見積もり金額や会社が気に入らなければ『全キャンセル』も無料で可能!
  4. メールで全て完結してお悩みは解決!
  5. 相場より費用を1割以上抑えることができる!
  6. 自分で探さなくても各県の優良会社と見積りが簡単に手に入る!
  7. 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
  8. 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
  9. 厳しく審査された'優良リフォーム会社'やメーカー・工務店のみの見積もりが請求できる!
  10. 具体的に決まっていない場合は『相談だけ』でもOK!もちろん完全無料!
  11. 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!
5分に1人が依頼!
3分でスグに申込み完了!
具体的に決まっていなくても、まずはお気軽にご相談ください。
※リフォらんは、ハウミル運営元です。





Breaking News

無料新規会員登録募集中

残り枠247