インターロッキングのリフォームの経験はありますか?
経験ない
経験ある
アンケートフォーム
アンケートレビューできるフォームです。
レビュー
ハゥポ
+100PT
進呈
簡単30秒!
会員になってレビューすると100pt進呈
会員登録(無料)はこちら
会員登録済みの方はこちらからログイン



ニックネーム

どのくらいの金額がかかりましたか?









リフォーム してみていかがでしたか?

   
   
   


5段階評価






購入者アンケートレビューを見る 専門家への質問を見る

インターロッキングの費用と施工 – 美しく機能的な地面を作るためのガイド

最終更新日: 2024年6月15日
監修者: ハウミル編集部 (監修履歴)
インターロッキングの費用と施工 – 美しく機能的な地面を作るためのガイド

この記事からわかる事

インターロッキングの費用相場
インターロッキングのメリデリ
インターロッキングの選び方
アイデア事例

インターロッキングのリフォームをした購入者【アンケート調査】

ハウミル独自のアンケート調査をもとにインターロッキングのリフォームの体験データが確認できます。

Q.インターロッキングのリフォーム費用はどのくらいでしたか?

「アンケート結果によると、多くの方が『31〜40万円』程度を予算として考えています。」

Q.インターロッキングのリフォームをやってどうでしたか?【3択】

「最も多かった回答は『やって良かった』でした。この結果から、多くの方が満足していることがわかります。」

Q.5段階評価をつけるなら?

平均評価
3.8 /5
「レビューの評価で最も多かったのは『5』でした。この結果から、多くの方がある程度の満足感を持っていることがわかります。」
インターロッキングの口コミに関するレビューはコチラ>> インターロッキングについての専門家への質問はコチラ>>
駐車場やアプローチ、庭など、様々な場所を美しく機能的に仕上げることができるインターロッキング。その魅力に惹かれて、施工を検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、インターロッキングの費用は、使用するブロックの種類や施工面積、下地処理などによって大きく異なります。
   

目次 開く

インターロッキングの費用相場 – 工事内容によって変動

インターロッキングの費用は、1㎡あたり7000円〜12,000円となります。大きく分けて以下の要素によって決まります。

ブロックの種類 – 素材やデザインで変わる価格

インターロッキングに使用するブロックは、その種類によって価格や特徴が異なります。

コンクリートブロック
最も一般的なブロックで、安価で耐久性にも優れています。様々な色や形状があり、デザインのバリエーションも豊富です。そのため、比較的予算を抑えつつ、様々なデザインの地面を作ることができます。ただし、他の素材に比べて高級感や風合いは劣ります。
レンガ
温かみのある風合いが魅力的なレンガは、高級感や重厚感を演出することができます。耐久性にも優れており、長期間美しさを保つことができます。しかし、コンクリートブロックに比べて価格が高く、施工にも手間がかかります。
天然石
自然の石材を使用したブロックは、独特の風合いと高級感が魅力です。種類も豊富で、和風から洋風まで様々なデザインにマッチします。しかし、価格が高く、施工にも手間がかかります。また、石の種類によっては滑りやすいため、注意が必要です。

施工面積 – 広さによって費用が比例

施工面積が広くなるほど、費用も高くなります。これは、使用するブロックの数や施工に必要な時間、労力が増えるためです。広大な敷地の場合、費用も比例して高くなるため、予算と相談しながら施工範囲を検討しましょう。

下地処理 – 土の状態によって変動

元の地面の状態によって、必要な下地処理が変わります。土の鋤取りや整地、砕石の敷き込みなどが必要な場合は、費用が高くなります。

鋤取り・整地
既存の地面を掘り起こし、整地する作業です。地面が不均等な場合や、雑草が生えている場合は、この作業が必要になります。
砕石の敷き込み
地盤を安定させ、排水性を良くするために、砕石を敷き詰める作業です。砕石の厚みは、地盤の強度や使用目的によって異なります。

施工の難易度 – デザインの複雑さで変わる

複雑なデザインや曲線を含む場合は、施工の難易度が高くなり、費用も高くなります。これは、ブロックの加工や調整が必要になるためです。

直線的なデザイン
施工が比較的容易で、費用も抑えることができます。
曲線や円形を含むデザイン
ブロックの加工や調整が必要になるため、施工難易度が高くなり、費用も高くなります。
パターンや模様を含むデザイン
ブロックの色や種類を組み合わせることで、様々なパターンや模様を作ることができます。しかし、施工難易度が高くなるため、費用も高くなります。

インターロッキングのメリット – 美観と機能性を両立

インターロッキングには、以下のようなメリットがあります。

美観性 – 個性と調和を演出

豊富な種類と色から選べるため、建物の外観や周辺環境に合わせたデザインが可能です。コンクリートブロック、レンガ、天然石など、素材によって異なる風合いがあり、それぞれに独特の魅力があります。さらに、ブロックの組み合わせや敷き詰め方によって、様々なパターンや模様を造作することができます。オリジナリティ溢れるデザインで、個性的な空間を演出することが可能です。

耐久性 – 長期間安心して使える

車の乗り入れや歩行にも耐えられる強度があります。コンクリートや石材など、堅牢な素材を使用しているため、長期間安心して使用することができます。
特に、駐車場やアプローチなど、車両の通行が多い場所には、インターロッキングが最適です。アスファルト舗装やコンクリート舗装に比べて、ひび割れや陥没が生じにくく、メンテナンスの手間も少なく済みます。

排水性 – 水はけが良く快適

ブロックの隙間から水が排水されるため、水たまりができにくく、快適に過ごすことができます。雨の日でも、地面がぬかるむことが少なく、歩きやすいのも魅力です。
また、排水性が高いことで、地盤の水分を適度に保つことができ、植物の生育にも良い影響を与えます。庭やアプローチにインターロッキングを敷くことで、緑豊かな空間を造ることも可能です。

メンテナンス性 – 部分的な補修が可能

ブロックが破損した場合でも、その部分だけを交換できるため、メンテナンスが容易です。アスファルト舗装やコンクリート舗装のように、全面的な張り替えが必要ないため、メンテナンスコストを抑えることができます。
また、ブロックの隙間から雑草が生えてくることがありますが、定期的に除草剤を散布したり、目地砂を補充したりすることで、雑草対策を行うことができます。

インターロッキングのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

インターロッキングのデメリット – 初期費用や注意点

インターロッキングは魅力的な舗装方法ですが、工事する前に知っておきたいデメリットや注意点も存在します。以下では、インターロッキングのデメリットを詳しく見ていきましょう。

初期費用 – 他の舗装方法と比べて高め

インターロッキングのデメリットとして、まず挙げられるのが初期費用です。アスファルト舗装やコンクリート舗装に比べて、材料費や施工費が高くなる傾向があります。
特に、天然石や特殊な形状のブロックを使用する場合、費用が大幅に高くなる可能性があります。また、下地処理や排水設備の設置など、付帯工事が必要な場合も費用が増加します。
しかし、インターロッキングは耐久性が高く、メンテナンス費用が比較的抑えられるため、長期的に見るとコストパフォーマンスが優れている場合もあります。

雑草対策 – 定期的なメンテナンスが必要

ブロックの隙間から雑草が生えてくることがあるため、定期的な除草作業が必要です。特に、雨が多く、日当たりの良い場所では、雑草が生えやすいため、注意が必要です。

凍結 – 寒冷地での注意点

寒冷地では、ブロックの隙間に入った水分が凍結して膨張し、ブロックが浮き上がったり、割れたりする可能性があります。特に、水はけが悪い場所や、凍結と融解を繰り返す場所では、注意が必要です。

インターロッキングの選び方 – 目的に合わせて最適なものを

インターロッキングの工事を検討する際、最も重要なのは「目的」と「設置場所」に合わせた適切なブロックを選ぶことです。以下では、インターロッキングを選ぶ際のポイントを詳しく解説していきます。

用途 – 強度や機能性を重視

駐車場: 車両の重量に耐えられる強度が必要なため、コンクリートブロックや天然石が適しています。特に、大型車や重量のある車を駐車する場合は、より強度の高いブロックを選ぶ必要があります。

アプローチ: 歩行者の通行がメインとなるアプローチには、デザイン性だけでなく、滑りにくさも考慮して選びましょう。表面がざらついたブロックや、凹凸のあるデザインのブロックが適しています。

: 庭のデザインや雰囲気に合わせて、様々な種類や色、形状のブロックから選ぶことができます。芝生との組み合わせや、花壇との調和など、景観を重視した選び方がおすすめです。

デザイン – 外観との調和を意識

インターロッキングのデザインは、建物の外観や周辺環境との調和を意識することが大切です。

住宅の外観: 洋風の住宅にはレンガや自然石、和風住宅には和風庭園向けのブロックなど、建物の外観に合わせたデザインを選ぶと、統一感が出て、美しく仕上がります。

周辺環境: 周囲の建物や植栽との調和を考慮して、色や素材を選びましょう。例えば、緑が多い環境には、ナチュラルな色合いのブロックが適しています。

パターンや模様: ブロックの組み合わせや敷き詰め方によって、様々なパターンや模様を作ることができます。シンプルなデザインから、複雑なデザインまで、好みに合わせて選ぶことができます。

予算 – 初期費用とメンテナンス費用を考慮

インターロッキングの費用は、ブロックの種類や施工面積、下地処理などによって異なります。予算に合ったプランを検討するためには、以下の点を考慮しましょう。

初期費用: ブロックの種類や施工面積によって、初期費用は大きく異なります。予算に余裕がある場合は、高級感のある天然石やデザイン性の高いブロックを選ぶことができます。

メンテナンス費用: ブロックの種類によっては、定期的なメンテナンスが必要な場合があります。メンテナンス費用も考慮して、予算に合ったブロックを選びましょう。

その他の考慮事項

耐候性: 屋外に設置する場合は、雨や風、紫外線などに強い耐候性のあるブロックを選びましょう。

凍害: 寒冷地では、凍害に強いブロックを選ぶことが重要です。

滑りにくさ: 歩行者の安全を考慮して、滑りにくいブロックを選びましょう。

インターロッキングの種類|用途に合わせて選ぼう!

インターロッキングは、デザイン性だけでなく機能性も重視した舗装材として人気を集めています。様々な種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。今回は、代表的な5つのタイプをご紹介し、それぞれのメリットや用途を詳しく解説していきます。

保水タイプ:打ち水効果で涼しい空間を

保水タイプのインターロッキングは、その名の通り保水性に優れています。
ブロック自体が水分を蓄えるため、土壌に近い保水性能を発揮します。

メリット

打ち水効果を高める: 打ち水をすると、蓄えた水分が蒸発する際に気化熱を奪うため、路面温度の上昇を抑え、涼しい空間を作り出すことができます。

ヒートアイランド現象の緩和: 保水効果により、都市部の気温上昇を抑える効果も期待できます。

用途
住宅の庭やアプローチ: 夏場でも快適な空間を作ることができます。
公園や遊歩道: 緑化と組み合わせることで、より快適な環境を作ることができます。

透水タイプ:水はけ抜群で浸水対策にも

透水タイプのインターロッキングは、ブロックの隙間から雨水を地中に浸透させる機能があります。

メリット

水たまりを防ぐ: 優れた排水性により、水たまりができにくいため、雨の日でも快適に歩行できます。

浸水対策: 雨水を地中に浸透させることで、ゲリラ豪雨などの際にも浸水リスクを軽減できます。

植物の生育を助ける: 地中に水が浸透することで、周辺の植物の生育を促す効果も期待できます。

用途
駐車場: 水たまりを防ぎ、快適な駐車スペースを実現します。
歩道: 雨の日でも歩きやすい環境を作ります。
緑化スペース: 植物の生育に必要な水分を供給します。

遮熱透水タイプ:太陽光を反射して涼しく快適に

遮熱透水タイプは、透水機能に加えて、太陽光の赤外線を反射する機能も備えています。

メリット

路面温度の上昇を抑える: 赤外線を反射することで、路面の温度上昇を抑制し、ヒートアイランド現象の緩和に貢献します。

快適な空間を作る: 夏場でも路面が熱くなりにくいため、快適に過ごせる空間を作れます。

用途
住宅の庭やアプローチ: 夏場でも快適な空間を作ることができます。
公園や広場: 多くの人が集まる場所でも、快適な環境を維持できます。

緑化タイプ:緑豊かな空間を創造

緑化タイプのインターロッキングは、ブロックの隙間に芝生などの植物を植えることができます。

メリット

景観を向上: 緑豊かな空間を作り出すことで、景観を向上させることができます。

ヒートアイランド現象の緩和: 植物の蒸散作用により、気温上昇を抑える効果があります。

癒し効果: 緑を見ることで、心理的な癒し効果も期待できます。

用途
住宅の庭: 緑豊かな癒やしの空間を作ることができます。
屋上緑化: 建物の断熱効果を高め、省エネにも貢献します。

視覚障がい者誘導タイプ:安全な歩行をサポート

視覚障がい者誘導タイプは、ブロックの表面に突起を設けることで、視覚障がい者の歩行をサポートします。

メリット

安全な歩行をサポート: 突起を触ることで、方向や段差を認識することができます。

視覚障がい者の自立支援: 安全に歩行できる環境を作ることで、視覚障がい者の自立を支援することができます。

用途
駅や公共施設: 視覚障がい者が安全に移動できる環境を作るために設置されます。
歩道: 視覚障がい者が安全に歩行できるルートを確保します。

インターロッキングには、このように様々な種類があります。用途や目的に合わせて最適なタイプを選ぶことで、機能的で美しい空間を作ることができます。インターロッキングを選ぶ際には、それぞれのメリット・デメリットを比較検討し、設置場所の環境や周辺の景観なども考慮しましょう。

インターロッキングのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

費用の節約ポイント – 賢く設置するために

インターロッキングの費用を節約するには、以下の方法があります。

ブロックの種類を選ぶ

コンクリートブロックは、他の種類に比べて安価です。

シンプルなデザインにする

複雑なデザインは、施工の難易度が高くなり、費用も高くなります。

DIYで施工する

DIYに自信があれば、工事費を節約できます。ただし、下地処理や水平出しなど、専門的な知識と技術が必要です。失敗すると、ブロックが沈んだり、割れたりする可能性があるため、DIYに自信がない場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

インターロッキング舗装:イメージを膨らませる!豊富なアイデア事例をご紹介

「インターロッキングってどんな感じになるの?」「どんな場所に使えるの?」そんな疑問をお持ちのあなたのために、インターロッキング舗装の様々なアイデアをご紹介します。

Case 1

駐車スペースをスタイリッシュに!

駐車場にインターロッキングを敷き詰め、見た目を格段にアップ。コンクリート舗装よりも、おしゃれな印象になります。砂利と比べて、雑草が生えにくく、お手入れが簡単です。車の乗り入れにも十分耐えられる強度があります。

費用1台分(約18㎡)で約30万円~ (使用するブロックや施工方法によって異なります)
工期2~3日 (施工範囲によって異なります)
特徴機能性とデザイン性を兼ね備えた、おすすめの舗装方法です。
Case 2

アプローチを個性的に演出!

玄関までのアプローチに、インターロッキングを敷き詰め、個性的な空間を演出。レンガ調や石畳調など、様々なデザインのブロックがあります。植栽や照明と組み合わせれば、さらに魅力的な空間になります。

費用約5万円~ (使用するブロックや施工方法によって異なります)
工期1~2日 (施工範囲によって異なります)
特徴個性的なアプローチは、家の顔となる玄関周りを華やかに彩ります。
Case 3

庭を快適空間に!

庭の一部にインターロッキングを敷き詰め、テーブルや椅子を置けるスペースを作れます。バーベキューや、お茶を楽しむスペースとして、快適な空間になります。雑草対策にも効果があります。

費用約10万円~ (使用するブロックや施工方法によって異なります)
工期2~3日 (施工範囲によって異なります)
特徴庭を有効活用できる、おすすめの舗装方法です。
Case 4

和テイストの空間を演出

和風庭園に、石畳調のインターロッキングを敷き詰め、落ち着いた雰囲気を演出。和風庭園に馴染む、自然な風合いが魅力です。和風庭園の雰囲気を高めます。

費用約10万円~ (使用するブロックや施工方法によって異なります)
工期2~3日 (施工範囲によって異なります)
特徴和風庭園に、落ち着きと風格を与えます。
Case 5

DIYに挑戦してみよう!

インターロッキングの施工は、DIYでも可能です。比較的簡単に施工できます。費用を抑えたい方におすすめです。

費用材料費のみ (使用するブロックの種類や面積によって異なります)
工期数時間~数日 (DIYの経験や施工範囲によって異なります)
特徴DIYで、自分だけのオリジナルの空間を作れます。

よくある質問

Q

インターロッキングの耐用年数はどれくらいですか?

A

使用するブロックの種類や施工方法、環境条件などによって異なりますが、一般的には10~20年程度と言われています。

Q

インターロッキングのメンテナンスはどのようにすれば良いですか?

A

定期的に清掃を行い、雑草を取り除くことが大切です。また、ひび割れや陥没などが見つかった場合は、早めに補修しましょう。

インターロッキングのリフォームが
\得意な優良会社を探す/
無料一括見積もり
(※リフォらん)
※リフォらんは、ハウミル運営元です。

最後に

インターロッキングは、美観と機能性を兼ね備えた地面を得る魅力的な舗装方法です。費用や特徴をしっかりと把握し、目的に合ったブロックを選び、適切な施工を行うことで、快適な空間を実現しましょう。

 参考資料

外構工事・エクステリアが得意なリフォーム会社を探す!

北海道・東北エリア
北海道

北海道全域


厚岸郡厚岸町


厚岸郡浜中町


赤平市


阿寒郡鶴居村


旭川市


足寄郡足寄町


足寄郡陸別町


芦別市


網走郡大空町


網走郡津別町


網走郡美幌町


網走市


虻田郡京極町


虻田郡喜茂別町


虻田郡倶知安町


虻田郡洞爺湖町


虻田郡豊浦町


虻田郡ニセコ町


虻田郡真狩村


虻田郡留寿都村


石狩郡新篠津村


石狩郡当別町


石狩市


磯谷郡蘭越町


岩内郡岩内町


岩内郡共和町


岩見沢市


有珠郡壮瞥町


歌志内市


浦河郡浦河町


雨竜郡雨竜町


雨竜郡秩父別町


雨竜郡沼田町


雨竜郡北竜町


雨竜郡幌加内町


雨竜郡妹背牛町


枝幸郡枝幸町


枝幸郡中頓別町


枝幸郡浜頓別町


恵庭市


江別市


奥尻郡奥尻町


小樽市


帯広市


河西郡更別村


河西郡中札内村


河西郡芽室町


河東郡音更町


河東郡上士幌町


河東郡鹿追町


河東郡士幌町


樺戸郡浦臼町


樺戸郡新十津川町


樺戸郡月形町


上磯郡木古内町


上磯郡知内町


上川郡愛別町


上川郡上川町


上川郡剣淵町


上川郡清水町


上川郡下川町


上川郡新得町


上川郡鷹栖町


上川郡当麻町


上川郡東神楽町


上川郡東川町


上川郡美瑛町


上川郡比布町


上川郡和寒町


亀田郡七飯町


茅部郡鹿部町


茅部郡森町


川上郡標茶町


川上郡弟子屈町


北広島市


北見市


釧路郡釧路町


釧路市


久遠郡せたな町


札幌市厚別区


札幌市北区


札幌市清田区


札幌市白石区


札幌市中央区


札幌市手稲区


札幌市豊平区


札幌市西区


札幌市東区


札幌市南区


様似郡様似町


沙流郡日高町


沙流郡平取町


積丹郡積丹町


斜里郡清里町


斜里郡小清水町


斜里郡斜里町


標津郡標津町


標津郡中標津町


士別市


島牧郡島牧村


白老郡白老町


白糠郡白糠町


寿都郡黒松内町


寿都郡寿都町


砂川市


瀬棚郡今金町


宗谷郡猿払村


空知郡上砂川町


空知郡上富良野町


空知郡奈井江町


空知郡中富良野町


空知郡南幌町


空知郡南富良野町


滝川市


伊達市


千歳市


天塩郡遠別町


天塩郡天塩町


天塩郡豊富町


天塩郡幌延町


十勝郡浦幌町


常呂郡置戸町


常呂郡訓子府町


常呂郡佐呂間町


苫小牧市


苫前郡初山別村


苫前郡苫前町


苫前郡羽猫町


中川郡池田町


中川郡音威子府村


中川郡豊頃町


中川郡中川町


中川郡美深町


中川郡本別町


中川郡幕別町


名寄市


新冠郡新冠町


爾志郡乙部町


根室市


野付郡別海町


登別市


函館市


日高郡新ひだか町


檜山郡厚沢部町


檜山郡江差町


檜山郡上ノ国町


広尾郡大樹町


広尾郡広尾町


美唄市


深川市


二海郡八雲町


富良野市


古宇郡神恵内村


古宇郡泊村


古平郡古平町


北斗市


幌泉郡えりも町


増毛郡増毛町


松前郡福島町


松前郡松前町


三笠市


室蘭市


目梨郡羅臼町


紋別郡遠軽町


紋別郡雄武町


紋別郡興部町


紋別郡滝上町


紋別郡西興部村


紋別郡湧別町


紋別市


山越郡長万部町


夕張郡栗山町


夕張郡長沼町


夕張郡由仁町


夕張市


勇払郡厚真町


勇払郡安平町


勇払郡占冠村


勇払郡むかわ町


余市郡赤井川村


余市郡仁木町


余市郡余市町


利尻郡利尻町


利尻郡利尻富士町


留萌郡小平町


留萌市


礼文郡礼文町


稚内市


青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東エリア
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
中部エリア
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
関西エリア
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県